登山記録 by 児玉

登山、沢登り、山スキー、クライミング、アイスクライミングなどの国内・海外の自分の記録

Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: カナダ  

グラッシーレイク ~その6~

7/11 晴れ時々雨
昨日に引き続き薫さんと、途中で安紀子さんとジュンコさんが合流。本日の課題は11aのA Bold New Plan。
 初めRhymes with Orange(10b)をマスターオンサイト。ちょっと危なかった。次いで課題のA Bold New Plan(11a)にトライ。初めはツルツルになったところを上がりトラバースしてかなりカブッたところを登ってゆく。でもうまくやれば所々に休む場所があるのだが、休んでも簡単には手は戻らない!トラバースして上に上がるところもちょっと難しい。その上に上がるのも足がない。滑ってしまってどうしようもない感じ。とりあえず上がるも手が終わり。1テイクと長い休憩。長い休憩のせいか上まで登れることに。あ~疲れた!!今日はもう腕が終わった。

 薫さんは昨日B60をやり過ぎたせいか今日はトライしないで、テクニカルな細かいホールドのルートをトライ。自分には不得意なルートを触らせてもらうことに。安紀子さんも登場し、Swamp Buttress Centre(10c)に。短いルートだが細かくて難しそう。苦手なのでトップロープで。足を使うルートなのに手がパンプ!?でも何とか。
P7120294.jpg
Swamp Buttress Centre(10c)の薫氏

 ジュンコさんが登場。一緒に外岩のクライミングは初めて。ジムでは2回一緒になった。バンフでガイドをしている。今度はその隣のSwamp Buttress RIght(10d)二人とも簡単にクリア。自分はまたもやトップロープで。こういうところを登り込まないといけないですね!
 気分を変えて、新しくできたルート11cというが登った人は11b~10dくらいという。人によりまちまち。よくある話だ。でジュンコさんは軽くオンサイト。自分は、核心で1テイク。良く見ると右横にこんなにいいホールドがあるではないか。余裕がないと何も見れなくなる。気分を取り直してエイっと何とか上まで行けた。う~んやっぱ11かな。。でも可能性は感じる。隣でクライミングをしていた人バンクーバーオリンピックのスノーボードクロスで銀メダルの人だって。誰も騒がない。。ごく普通の光景。
 安紀子さんは今日はGlaceland(10d)をワーク。体の調子がよくないようで早めに帰宅。
 最後に上の方の壁に行くも雨、しかもちょっと強め。カブッているところしかできなく、ジュンコさんがワークしているBlood of Eden(12a)をやることに。ついでに触らせてもらった。マスターでジュンコさんがトライ。その間、雨はすごく雷も。どうなっちゃうの天気。しかし12aを一撃でクリアでした!すごい!
 ついで初トライの薫さん。核心はちょっと難しそう。でも次回何とかなりそうな感じ。自分はというと全部核心という感じ。本当の核心の前にテイク。核心なんてありえない小さなホールドで足場はなし、おまけにカブッている。どうやっても登れません~!?そこからはロープを使って、クイックドローを回収。何の可能性も感じなかった。
P7120295.jpg
Blood of Eden(12a)のジュンコさん

1.Rhymes with orange(10b) マスターオンサイト
2.A Bold New Plan(11a) 1テイク
3.Swamp Buttress Centre(10c) トップロープ
4.Swamp Buttress Right(10d) トップロープ
5.新ルート(11?) 1テイク
6.Blood of Eden(12a) トップロープ NG
関連記事
スポンサーサイト

Newer Entryレディーマクドナルド山 2605m

Older Entryグラッシーレイク ~その5~

 

Comments

Leave a comment







1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
> < 06

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。