登山記録 by 児玉

登山、沢登り、山スキー、クライミング、アイスクライミングなどの国内・海外の自分の記録

Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: カナダ  

ウィーピングウォール セントラルピラー WI5+

2014,03,07 Weeping Wall, Central Pillar, 180m III WI5+
メンバー:宮崎、児玉

気温がプラスまで上がる。雪崩のハザードが相当高いのだがルートに行きたいのでちょっと遠いがウィーピングウォールに行った。当初レフトハンド(WI4)と言っていたが、矢張り行ってみるとセントラルピラーが登りたくなる。
セントラルピラーは、右側は小マッシュルームが沢山ありちょっと嫌な感じ、中央から左は小さいツララが一杯下がっていてこれまた嫌らしい。しょうがないのでちょっと左から回り込んで少し右の中央方向に回り込んで登った。
最初がちょっと厭らしく、ツララ群の下に行きそこから右に出るところが勇気がいる。そこで手を使い果たしてしまいその上はフィフィで休み休みのクライミングとなってしまった。だが充実のカナダ最後のアイスクライミングとなった。
P3070061-1.jpgP3070049-1.jpg


1ピッチ目 WI3+:児玉
丁度真ん中のラインを1弾上がったところまで。
IMG_0264-1.jpg

2ピッチ目 WI4:宮崎
少し右の青い氷を登る。立っているが楽しいラインだ。
P3070008-1.jpgP3070014-1.jpg
IMG_0266-1.jpgIMG_0267-1.jpg


3ピッチ目 WI5+:児玉
セントラルピラーを左に回り込んでマッシュルーム帯とツララ帯の間を登りマッシュルームに上からツララが落ちているところに乗り込む。いつ崩壊するとも分からないマッシュルームに載るのは怖い。ツララを壊し乗り込む場所を作るがちょっと狭い。そこから右側のツララ帯に移るのがこれまた勇気がいる。これら一連のことをしているうちに手が終わってしまった。その後はひたすら立っている壁を登るだけなのだが疲れてしまってこのときのためのフィフィが活躍した。
IMG_0268-1.jpgIMG_0270-1.jpg
IMG_0272-1.jpgP3070017-1.jpgP3070030-1.jpg

4ピッチ目 WI4:宮崎
ちょっと右に行き上の小マッシュルームの斜面。意外と足場があり登りやすい。
ビレイをしていると暖かいのか自然発生的に小さいがチリ雪崩が起こっている。
自分の登るときになってもロープが上に引っ張られない。暫くすると赤だけ引っ張られるが青のロープはそのままなので、引っ掛かったのだと思い青を畳みながら登り始めると上から雪がどさどさ落ちてくる。ロープの引っ掛かりを直しに少し降りて来たようだ。その後ロープは引っ張られ通常のビレイとなった。
P3070034-1.jpgP3070042-1.jpg
P3070048-1.jpg

あとは右の所から懸垂をして降りた。先ほどから登り始めたグループは上からツララの塊が落ちてきて危うく当たりそうになっていた。暖かすぎるのもちょっと危ない。早々に壁から離れ退散した。
関連記事
スポンサーサイト

Newer Entry昇天の氷柱 (グレード5級上 ピッチグレードⅥ-)

Older Entryルイーズフォール 110m WI4

 

Comments

Edit
今日が最後のアイスだったのですね。
怪我もなく充実したカナダのクライミングライフを楽しまれた事と思います。
良かったですね!!
EditRe: タイトルなし
> 今日が最後のアイスだったのですね。
> 怪我もなく充実したカナダのクライミングライフを楽しまれた事と思います。
> 良かったですね!!
Shuklaさん、ありがとうございます。一緒に登って下さった方皆さんに感謝したいと思います。

Leave a comment







1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
> < 04

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。