登山記録 by 児玉

登山、沢登り、山スキー、クライミング、アイスクライミングなどの国内・海外の自分の記録

Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: カナダ  

カナダ アイスクライミング まとめ

メンバー:児玉、他(会員外)

ロッキー山脈には多くのアイスクライミングに適した滝があり、アプローチもそんなに遠くない処に大きな滝もあり、アイスクライミング好きには最高のところである。

1. 2012.12.11 Cascade falls Ⅲ WI3 300m 7ピッチ
バンフのすぐ近くで日当たりがいいので快適なルート。アプローチも10分と近いが、地形的に雪崩には注意が必要。
28071_477651072276412_1109464776_n_20130210142355.jpgPC120017-1.jpg

2. 2012.12.16 Guinnes gully Ⅱ WI4 245m 3ピッチ
フィールドという小さな街のすぐ近くでアプローチも10分。雪崩には注意がいる。このちょっと上にもギネススタウトWI4+ 80mなどが続いている。
PC170031-1_20130210143416.jpgPC170002-1_20130210143415.jpg

3. 2012.12.19 Carlsberg Column, III, WI5 60m+3ピッチ
ギネスと同じフィールドの街のそば。アプローチも近い。雪崩の注意が必要。このときは氷の出来が悪く、左から登るがプロテクションが取れずWI5以上に感じた。
PC200016-1_20130210144353.jpgPC200043-1_20130210144354.jpg

4. 2012.12.31 Professor Fall III, WI4 7ピッチ
バンフの近くだがアプローチに1時間30分掛かるので、途中までマウンテンバイクで行く人もいる。最後のピッチが核心で雪崩の注意が必要。ウェットなことも多くロープが凍るので予備のロープ2本を持って行った方がよい。
P1010022-1.jpgP1010034-1.jpg

5. 2013.1.2 Haffner Creek ice & mix climbing
アイス/ミックスクライミングのゲレンデ的存在。結構寒いらしい(この日は暖か)。雪崩の心配は殆どない。
P1030031-1.jpgP1030033-1.jpg

6. 2013.1.6 South Ghos; Sunshine WI3 45m & Aquarius WI4 60m
4WD車でないと行かない方がよい。道は分かりづらい。北ゴーストは車で川を渡渉するところもあるようだ。ルート自体は素晴らしいものが多く、アクエリアスは人気ルートだ。この2つのルートは雪崩の心配は殆どない。
738068_.jpg737758.jpg

7. 2013.1.18 Haffner Creek mix climbing
P1190011-1.jpgP1190019-1.jpg

8. 2013.1.21 Weeping Wall Lower:Left Hand Ⅱ WI4 180m, Teardrop Ⅳ WI5+〜6 170m
是非一度は行っておきたい超有名なアイスルートの一つ。下部と上部があり上部の方が難しい。こんな広くて素晴らしいルートは中々見られないと思う。
CIMG1761-1.jpgCIMG1767-1.jpg
CIMG1774-1.jpgP1220018-1.jpg
P1220021-1.jpgP1220028-1.jpg
P1220033-1.jpg

9. 2013.1.22 Mixed Master Ⅳ 5.8 WI5 300m
ミックス、アイス、岩登りとバラエティに富んだアルパインちっくな素晴らしいルート。
P1230043-1.jpgP1230039-1.jpg
P1230052-1.jpg

10. 2013.1.31 Evan-Thomas Creek; 2 Low 4 Zero 90 m III, WI3R, Moonlight 110m III, WI4
平坦なアプローチを45分。カルガリーにも近いせいか人気ルート。初心者が多いので待ち時間が長い。平日に行きたいところ。
P1310009-1.jpg148340-1.jpg
P1310037-1.jpg
46775-1.jpg

11. 2013.2.3 Nemesis V, WI6, 160m
難しいミックスルートがあることで有名なスタンレーヘッドウォールにあり、スキーでアプローチする。氷というか雪が固まった感じで超怖い。
CIMG2025-1.jpgP2030019-1.jpg
P2030035-1.jpgCIMG1998-1.jpg

12.2013.2.15 Polar Circus Ⅴ WI5 700m
世界的にも有名なポーラーサーカスは一度と言わず何回か登ってみたいルートだ。大きさといい距離といい登りごたえのあるが決して超ハードなルートではない。ただ難点は有名だけあって平日にも関わらず4パーティも入っていて落氷が凄い中、皆んな我先にと行くので危険だ。誰も待つという言葉は知らないかのようだ。
CIMG2289-1.jpgP2150033-1.jpg
CIMG2310-1.jpgP2150043-1.jpg
DSCN5085-2.jpg

13.2013.2.24 Louise Falls(Ⅲ WI4+ 110m)
レイク・ルーズの湖畔にあるルイーズフォールはちょっと短めで雪崩の心配が少ないので、雪崩のハザードが高い時に登りたいところ。クロスカントリーや雪上のハイキングに下の方を通る人も多く、見学客も多いと言える。
P2240031-1.jpgP2240011-1.jpg
P2240021-1.jpg

14.2013.2.27 Pilsmer Ⅲ WI6, Last Call M7-WI5
ピルスナーもフィールドの街近くでアプローチも近い。1ピッチ目以外はそんなに難しくないので1ピッチ目のみを登る人も多い。P1の裏はミックスルート、ラストコールがありボルトも打ってある。この日は氷が溶けはじめて表面がシャンデリア状態であまりいい状態ではなかった。
P2270003-1.jpgP2270007-1.jpg
P2270035-1.jpg
P2270039-1.jpgP2270083-1.jpg

15.2013.3.1 Sea of Vapors WI6/7+
キャンモアからバンフに行く途中に見えるルートで、ここには超ハードなルートがいくつがある。残念ながら氷が薄過ぎて垂直過ぎてプアプロのため途中で降りてきたが、氷があるときにもう一度挑戦したいところだ。
481656_342632669181164_818515166_n.jpgP3010009-1.jpg
P3010014-1.jpgP3010036-1.jpg


天候の状況
バンフ/キャンモア周辺は降雪が少なく、それ故アイスクライミングに適しているといえる。気温は-20℃を下回ることもあるがそんなに長続きせず、-10℃以上の日も結構ありプラスの日さえある。強風が吹くことは殆どなく日本では考えられないくらい風が吹かない。
シヌークという風(フェーン現象)が吹くと気温が上がり0℃近くなり、風が少し吹く。

雪崩
アイスクライミングのできるところは雪崩の危険が一般的にあり、パークスカナダではナショナルパーク毎に5段階の危険度区分で雪崩の危険情報を出している。我々は、下の2段階の時(Low, Moderate)のみクライミングにでかけた。
地形的に雪崩が発生しやすいところがあり3段階(クラス1〜3)に分かれている。特に雪崩が発生しやすい地形(クラス3)に入るときはこれまでの天気などもチェックした。
関連記事
スポンサーサイト

Newer Entry南沢大滝

Older EntryCrowfoot Glades スキー

 

Comments

Leave a comment







1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
> < 10

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。