登山記録 by 児玉

登山、沢登り、山スキー、クライミング、アイスクライミングなどの国内・海外の自分の記録

Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: カナダ  

Stanley Glacier Ski & Avalanche training

2013.1.5 スタンレーグレーシア スキー及び雪崩捜索トレーニング
メンバー:深田、栗原、児玉

以前からやろうって言っていた雪崩のトレーニングを行った。スタンレーは初めて滑った場所で相変わらず雪は少ないが、雪崩の心配は少ないようだ。

1本だけスキーで滑り、その後でトレーニングだが滑ると言っても依然と同様に雪が少なく、倒木を避けて降りるといった感じだろうか。
P1060005-1.jpgP1060006-1.jpg
P1060008-1.jpg
P1060012-1.jpgP1060013-1.jpg

雪崩の捜索トレーニングはお馴染みのビーコンを埋めてそれを探すやつで、今回は3人なのでビーコンを2個隠して2個の捜索をするという方法でした。久々にゾンデを使ったのでゾンデの組み立て方も忘れていました。
その後、雪面を掘り弱層のチェック、雪の温度分布測定、雪の結晶の観察、弱層テスト2つの方法を実施。
雪の温度勾配が10℃/mあると雪崩やすいそうです。この辺は雪が多くなく、且つ寒いので温度勾配が高くなり雪崩が発生しやすいということでした。逆に雪の多い方が雪崩れにくい傾向にあるようです。
深田さん指導ありがとうございました。

ビーコンによる捜索訓練
P1060014-1.jpg

弱層チェック
P1060021-1.jpg

弱層テスト1
P1060030-1.jpg

弱層テスト2
P1060039-1.jpg

関連記事
スポンサーサイト

Newer EntrySouth Ghost Ice climbing

Older EntryHaffner Creek アイス&ミックス

 

Comments

Leave a comment







1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
> < 10

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。