登山記録 by 児玉

登山、沢登り、山スキー、クライミング、アイスクライミングなどの国内・海外の自分の記録

Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: アルパインクライミング  

裏同心ルンゼ

メンバー:金澤、漆原、児玉

2:00太田-5:20駐車場6:00-7:30赤岳鉱泉-8:30F1取付き-10:00終了点-10:30大同心稜-11:20小同心取付12:00-13:00赤岳鉱泉13:30-14:30駐車場

中山尾根に続き今回も前日全国的に雨でこの日も冬型となった。美濃戸山荘までは雪はないが一部坂道が凍っていてちょっとヤバかった。しかし山にはこの時期としては雪が多かった。
今回は裏同心を登り、状況が良ければ小同心を登る予定であったが、小同心は雪に覆われホールドは氷でコーティングされていてダブルアックスの世界で少し登ってみたものの登攀を取りやめた。

赤岳鉱泉のアイスキャンディはまだあまり凍っていなくこんな状態。
PB270011-1.jpg

裏同心へはしっかりトレースされていた。F1はちょっと薄いところがあったが登れるレベル。準備をしていたら1パーティ上がってきた。
F1:薄いがロープは必要と感じずフリーで越える。
PB270064-1.jpg

F2:ここはまずまず凍っている。3段になっているが傾斜が緩いのでここもフリーで越える。
PB270071-1.jpgPB270074-1.jpg

F3:ちょっと薄めではあるが十分登れるレベル。ちょっと高さがありロープを出す。
PB270028-1.jpgPB270084-1.jpg

F4:傾斜が緩くコンテ。
PB270032-1.jpg

F5:高さはないがここはロープを出す。
PB270034-1.jpgPB270037-1.jpg
PB270091-1.jpg

大同心稜に出て小同心の取付きに向かう。ちょっとラッセルあり。やはり稜線に出ると風があり寒い。小同心は白くなり雪が被っている。ホールドは氷でコーティングされていていやらしい。金澤君が少し登ってみるもダブルアックスでないと登れない状況で登攀を断念。
PB270102-1.jpg

寒いので速攻、大同心稜に戻り、赤岳鉱泉に下った。降りたら天気は良くなってきた。
PB270048-1.jpgPB270057-1.jpg
関連記事
スポンサーサイト

Newer Entry足慣らし

Older Entry八ヶ岳 中山尾根

 

Comments

Leave a comment







1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
> < 04

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。