登山記録 by 児玉

登山、沢登り、山スキー、クライミング、アイスクライミングなどの国内・海外の自分の記録

Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: アルパインクライミング  

八ヶ岳 中山尾根

メンバー:金澤、漆原、児玉

5:40駐車場-7:40小屋-9:30取付き10:00-14:20終了点-15:45小屋-18:00駐車場

前日に全国的に雨が降って冬型になったためか、11月のこの時期にしては非常に寒く雪の量も多く、12月と言ってもおかしくない状況となった。アイゼントレーニングではなく本番となってしまった。とはいえ、朝は非常に寒く手がかじかんで痛いほどだったが、お昼頃は風は強かったが真冬ほどの冷たさではなくなり終了点に着いたら晴れてきた。
取付きには既に1パーティが登り初めており、通常のルートの右側のフィックスがあるところを登っていた。自分らの後ろにも1パーティがいた。
金澤君はアイゼンを間違え両方とも同じ側のものを持ってきてしまった。前爪の長さも違うのでリードは諦めた。
46217.jpg

1P児玉:ホールドは雪に覆われていて滑りやすい。直登はやめて凹角から行く。バイルも使って登る。ホールドが分からないので雪を落とすがそれだけでも疲れてしまう。結構時間が掛かった。
62238.jpg306806.jpg
PB180010-1.jpgPB180014-1.jpg

2P児玉:直上するのは難しいので左からトラバースしていくが、ホールドに乏しく先にある木を利用して登る。その上の草付もバイルを使う。
559309.jpgPB180017-1.jpg

中間:コンテで上の岩壁まで行く。

3P漆原:先行パーティは左の方のルートを登っている。我々はガイド本通りに行く。登り始めて直ぐのところの垂壁が非常に厭らしい。ここは右と左を選べるのだが右を選んだのが間違いだったか、セカンドでも難しい。当然A0で対処。その上の凹角の方が全然簡単。
左から回り込んだところに先行パーティが登っていて、後ろからのパーティもいた。後ろのパーティも先行パーティと同じルートを登っていた。
PB180019-1.jpgPB180021-1.jpg
PB180023-1.jpgPB180024-1.jpg
PB180028-1.jpg

4P:簡単なルートを50m一杯伸ばす。
PB180031-1.jpgPB180032-1.jpg

5P:稜線までのトラバース
PB180037-1.jpgPB180038-1.jpg

稜線に着くと徐々に日差しが出てきて晴れてきた。速攻下山した。
PB180041-1.jpgPB180043-1.jpg
PB180046-1.jpgPB180051-1.jpg
PB180052-1.jpgPB180059-1.jpg
関連記事
スポンサーサイト

Newer Entry裏同心ルンゼ

Older Entry獅子岩南壁

 

Comments

Leave a comment







1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
> < 10

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。