登山記録 by 児玉

登山、沢登り、山スキー、クライミング、アイスクライミングなどの国内・海外の自分の記録

Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: アルパインクライミング  

幽ノ沢左方ルンゼ

メンバー:武井、金澤、児玉

5:05指導センター-5:45幽ノ沢出合-10:20核心部-14:30終了点-17:00芝倉沢出合-18:20指導センター

幽ノ沢はここ6~7年は来ていない。久しぶりとなる。初め沢登りのような嫌らしいスラブを行く。流石に得意な武井さんがリードでロープを出す。カールボーデンは傾斜が増すに従って徐々に厳しくなる。核心は相変わらず濡れていた。やはり嫌らしい。その後も結構嫌らしい登りが続く。
P9160163-2.jpgP9160175-2.jpg
P9160183-2.jpg

1・2P目(Ⅲ~Ⅳ):児玉
T1尾根のところを左に行くがここも2Pロープを出す。プロテクションが取れず意外に嫌らしい。
P9160187-2.jpg

3・4P(Ⅱ~Ⅲ):児玉
さらに2Pトラバースして核心部の取付きに着いた。
P9160190-2.jpg

5P(Ⅳ、A1):金澤
順番的に何故か金澤君の番に。相変わらずヌレヌレの壁。左から登り左の壁を乗越しバンドを右にトラバース支点がない、あっても折れてしまうハーケン。ハーケンを打ち足しヌルヌルの壁を登るとようやくハーケンが1本あり、そこにアブミを掛ける。それを足掛かりに右へ移る。右のリッジは草が多くホールドが見つけるのが大変な状態となっていた。本当は簡単なのだが。。
自分らのパーティの他に幽ノ沢に2・3パーティ入っていたが中央壁のパーティの1人が落ちた。直ぐに立ち上がって登り始めたのでそんなに問題ないのだろう。
P9160197-2.jpgP9160199-2.jpg
P9160205-2.jpgP9160216-2.jpg

6P~9P(Ⅱ~Ⅲ+):金澤、武井、児玉
ルートグレードの割には難しいルートが続く。6P目は右に出た後、右の凹角には入らず左の草付きフェースを行く。
8P目は右のルンゼの中を行く。
P9160219-2.jpgP9160224-2.jpg
P9160227-2.jpg

終了点からは右に行った後、左のリッジを越え薄い踏み跡をひたすら堅炭尾根に向かう。堅炭尾根の登山道から中芝新道を下る。
いつ来ても核心の嫌らしさが印象的なルートである。
P9160232-2.jpgP9160235-2.jpg
P9160237-2.jpgP9160241-2.jpg
P9160244-2.jpgP9160246-2.jpg
P9160247-2.jpg
関連記事
スポンサーサイト

Newer Entry一ノ倉沢中央稜

Older Entry錫杖

 

Comments

Leave a comment







1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
> < 08

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。