登山記録 by 児玉

登山、沢登り、山スキー、クライミング、アイスクライミングなどの国内・海外の自分の記録

Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: アルパインクライミング  

チンネ左稜線+Dフェース/八ツ峰主稜上半部縦走

8/22-8/25
メンバー:金澤、漆原、新井、児玉

8/22:黒部ダム-ハシゴ段乗越-真砂沢-某岩場
8/23:チンネ左稜線
8/24:八ツ峰Ⅵ峰Dフェース富山大ルート+八ツ峰主稜上半部縦走、真砂沢へ移動
8/25:真砂沢-ハシゴ段乗越-黒部ダム

四日間天気が良く、非常に充実した山行になった。チンネは遠いので今度は何年先に行けるのだろうか。

8/22 晴れ
3:00太田-6:00扇沢7:30-7:45黒部ダム-13:20真砂沢-17:10某岩場

扇沢始発7:30のバスに乗り黒部ダムへ。漆原、新井ペアは室堂経由のためしばしのお別れ。我々はダムの下に降りて黒部川の横を歩く。水は小川から取れるし、内蔵助平でも取れるので困らない。しかし、ハシゴ段乗越への登りは重荷と好天のため暑く辛い。
真砂沢ロッジで室堂隊と落ち合う予定であったがまだ来ていないので長次郎の出合へ向かうと直ぐに向こうから二人が来るのが見えた。長次郎谷の長い辛い登りが続いた。某岩場には1張のみ。
P8220003-1.jpgP8220006-1.jpg
P8220016-1.jpg

8/23 快晴のち曇り
5:10某岩場-5:55池ノ谷乗越-6:30三ノ窓-7:20チンネ2P目取付き-12:05終了点-15:00待ち-16:10池ノ谷乗越-17:00某岩場

まずは池ノ谷乗越へ雪渓を登るがすぐ手前で切れてシュルンドを超える。池ノ谷ガリーは以前の時は怖かったが今回は楽しく降りることができた。久しぶりの三ノ窓からチンネ取付きが見える。取付きは雪渓があり切れていて回り込んで2P目からのスタートとなる。
P8230023-1.jpgP8230026-1.jpg
P8230030-1.jpgP8230038-1.jpg

児玉・新井、金澤・漆原で組んで登る。初めは短めに切って登るが、ピナクルの手前で分からなくなりルートを確認する。快適な登りのあと簡単なリッジとなる。次のピッチはⅡ・Ⅲ級なので新井君にリードをしてもらう。
金澤・漆原組はピナクルを通らずルンゼを詰めて来た。
ピナクルの連立するリッジを越え核心となる。しかし一向に後ろのチームは来ない。核心は一杯ハーケンが打ってありホールドもしっかりしていて問題ない。以前はなかったスリングも垂れている。ようやく後ろのチームが見えたが、この核心前のピナクル群が彼らの核心になってしまったようだ。
その後、快適なリッジが続き気持ちの良いクライミングができた。しかし、周りはガスが掛かり何も見えなくなってしまった。12時過ぎに終了点に到着。何と後ろのチームが来るのに3時間程待つことになった。
原因はいくつかあるようだが、ピナクル群のところで踏み跡がある下の方に行ってしまったこと。荷物が少し重かったこと。ロープ自体が流れが悪く重かったこと、などがあったようだ。やはり初めてのところは難しいものだ。とにかく無事で良かった。
P8230041-1.jpgP8230046-1.jpg
P8230049-1.jpgP8230052-1.jpg
P8230058-1.jpg

下降はコルまで降りて50m池ノ谷ガリー側に懸垂で降り、ガリーを登り返す。乗越からも雪渓の下りで一部ロープをだした。充実した一日となった。

5/24 快晴のち曇り
5:45某岩場-6:10富山大ルート取付き-10:30終了点-12:20八ツ峰の頭頂上-13:40某岩場14:40-15:30真砂

Dフェースまでは雪渓を少し登りトラバースして切れた雪渓をうまく抜け取付くことができた。少しかぶったようなところから登り、2P目が良く分からない。ちょっと右の方のフェースに行ってしまった。一旦懸垂で1P目終了点まで降りて、金澤・漆原組の後を行く。快適な登りが続くが3P目が核心となる。バンドが出てきて3P目が終了したようだがどこが核心だったか分からない。ルートを間違った気がしないのだが。。
4P目以降は快適なリッジ登りで楽しめる。
P8240079-1.jpgP8240081-1.jpg
P8240086-1.jpgP8240092-1.jpg
P8240101-1.jpg394544_346041898816201_1010130667_n.jpg

時間的にもう1ピッチ剣稜会を登るのは遅くなるし劔岳本峰を登るのも同様なので、八ツ峰主稜上半部を縦走することにする。まずはクライムダウンできそうなところを懸垂で20m降り、六峰の頭も20m懸垂。間違えてⅦ峰はトラバースして頂上に行かずⅧ峰を登る。立っているが快適に登れる。Ⅷ峰からちょっと変な懸垂をしてⅧ峰の頭とのコルからまた登り返すとⅧ峰の頭。下りは2回の懸垂で池ノ谷乗越へ、そして昨日通った雪渓を降りた。
そして真砂まで降り天泊。
P8240111-1.jpgP8240119-1.jpg
P8240127-1.jpg

8/25 晴れ
6:30真砂-11:40黒部ダム

今日はハシゴ段乗越を登り黒部ダムに帰るのみ。
関連記事
スポンサーサイト

Newer Entry東南稜

Older Entry小川山-セレクション

 

Comments

Leave a comment







1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
> < 10

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。