登山記録 by 児玉

登山、沢登り、山スキー、クライミング、アイスクライミングなどの国内・海外の自分の記録

Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: アルパインクライミング  

鋸岳

8/3 晴れ
メンバー:漆原、児玉

4:00戸台駐車場-5:45角兵衛沢出合-9:00角兵衛沢のコル-9:30第一高点-10:00鹿の窓-11:45大ギャップのコル-12:30第三高点-13:00中ノ川乗越-14:50熊穴沢出合-16:30戸台駐車場

日程が1日ということで甲斐駒は行かず角兵衛沢から登り、熊穴沢を降りてくるコースを行った。また、冬を想定して鹿の窓から降りず大ギャップを経由して行ってみた。このことがちょっと失敗だったが良い情報を得た。

前日に駐車場の車の中で就寝。登山に時間が掛かるためちょっと早めの4時出発。初めはひたすら河原歩きとなる。角兵衛沢の出合から角兵衛沢を詰める。ガレ場の登りは第二の核心とも言える。助かったのはまだ太陽の日差しがあたらず涼しかったことだ。途中、大岩小屋で水を取る。
P8030033-1.jpg

角兵衛沢のコルから第一高点へ。そして痩せ尾根を少し下ると小ギャップがある。真新しい鎖が両サイドにありロープの必要性を感じない。小ギャップをの反対に登り返して小尾根を乗越しトラバース気味に行くと直ぐに鹿の穴がある。
通常夏はこの穴を降り、その後トラバースして登り返すのだが、冬を想定して尾根から大ギャップを降りることにした。直ぐに大ギャップになるがここで懸垂下降となる。大ギャップのガレ場は急傾斜のためピンポイントで降りないと直ぐに崩れてしまう急傾斜のガレ場に降りることになる。そして懸垂で降りる高さも20mではなくなる。このことによりここで手間取ってしまったが、冬のための良い経験となった。
P8030039-1.jpg P8030049-1.jpg
P8030068-1.jpg
P8030084-1.jpg

ガレ場を下ると夏道である鹿の穴からのトラバースの踏み跡がありそこを登って行くと第三高点となる。頂上には剣が立っている。そこから中ノ川乗越へガレたルンゼを降りる。そこからまたガレた長い熊穴沢を下る。熊穴沢の出合からまた長い河原歩きとなり駐車場へと戻った。
P8030108-1.jpg P8030127-1.jpg
P8030135-1.jpg
関連記事
スポンサーサイト

Newer Entry雲ノ平

Older Entry金峰山、瑞牆山

 

Comments

Leave a comment







1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
> < 04

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。