登山記録 by 児玉

登山、沢登り、山スキー、クライミング、アイスクライミングなどの国内・海外の自分の記録

Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 沢登り  

三重泉沢下部ゴルジュ(敗退)

7/18(水)曇り
メンバー:金澤、漆原、児玉

7:20ゲート-8:20入渓-12:30チョックストーン(敗退)-15:50入渓地点-16:50ゲート

ゲートは二重に取り付けられ全ての車は通行禁止となっていた。ただバイクの跡はあり持ち込んで行く人もいるようだが、釣り師を含め行く人が激減しているようだ。
この沢は以前入ったことがあるがあまり記憶がない。ただゴルジュで突破が凄かったのを覚えている。

ゲートに車を置き1時間歩き三重泉橋に到着しここから入渓。堰堤を2つ超えると暫く普通の沢が続く。
P7180002-1.jpg P7180011-1.jpg

いよいよゴルジュとなるが水量が多くてとても無理、いきなり高巻となる。フィックスも張ってあると何となく安心。沢床にも降りられる。次の滝も水量が多く無理。初め右岸に上がってみるとフィックスはあるものの、途中でフィックスがなくなっていてちょっと危険なので一旦降り、左岸を登る。ちょっと違う感じで対岸を見ると先ほど降りた先の方にフィックスが垂れている。やはり向こうが正解なのだがまた向こうに行くのもかなり大変なので降りられるところを探す。残念なことに40mロープ1本なので降りられるところは限られる。もう1本持って来れば良かった。何とか降りられそうなところを見つけ懸垂下降。
しかし、現在位置が全く分からなくなっていた。この時点ではこの先に核心の滝があると思っていた。後で分かったのだが実は高巻いてしまっていたのだ。
P7180014-1.jpg P7180015-1.jpg
P7180023-1.jpg P7180025-1.jpg

この先もゴルジュが続きチョックストーンの滝が出てきた。水量がやはり多くかなり難しいが胸まで浸かり真ん中の岩に取り付く。かなりつるつるで何とかよじ登るもこの時点でこの先に核心があると思っていたので時間切れで戻ることに。実はここはすでにゴルジュの最後の方で広河原のちょっと手前であることが後で分かった。結果的にはこの方が楽しかったのだが。。
541521_333347333418991_566591908_n.jpg

さっき高巻いたところを漆原君がロープで降りてみる。意外に足が着き降りることができた。しかし水量がある。
315348_333347393418985_1134818650_n.jpg 555489_333347343418990_1512997063_n.jpg

一度高巻いて下り、一度右岸を降りたところからまた降りる。高巻も結構時間が掛かるし危険な要素がたっぷりある。そこから少し下流に行くとまたちょっと嫌らしい滝に。ハーケンを1本打ちロープを確保して降りるが途中からは泳いだ方が早い。既に体は冷えてブルブルなのだが一人だけ寒くない人がいる。不思議だ。
P7180031-1.jpg P7180052-1.jpg
P7180054-1.jpg 528005_333347643418960_556243793_n.jpg

後は平坦な沢を戻るが行きとは違い結構長く感じる。三重泉橋に到着して元の道を戻るが、まだちょっと物足りない人がいるので駆け足で車まで戻った。
関連記事
スポンサーサイト

Newer Entry小川山

Older Entry一ノ倉南稜・中央稜

 

Comments

Leave a comment







1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
> < 10

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。