登山記録 by 児玉

登山、沢登り、山スキー、クライミング、アイスクライミングなどの国内・海外の自分の記録

Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 山スキー  

立山 山スキー

メンバー:原、児玉

4/23-25 雷鳥平ベースで山スキーに行ってきました。
4/23 扇沢-室堂-雷鳥平テント場
4/24 テント場-別山-雷鳥沢
4/25 テント場-一ノ越-山崎カール下部-一ノ越-東一ノ越-黒部ダム

4/23 雨
雨の中、扇沢から室堂へ、平日だが外国客の団体ツアーの人が一杯。
意を決して、雷鳥平へ向かう。テントは1張しかなかくどこでも張り放題だが、ずぶ濡れ状態。
シュラフに入っても何もかもが乾かずジメジメ。
問題が一つ発生。自分がガスを持ってくるのを忘れてしまった。原君が1個と半端を一つ持って来たのでどうなるか。。
濡れているので夜は寒くて殆ど眠れない。原君はぐっすりのようだ。
P4230628-1.jpg

4/24 晴れのち曇り

9:00テント場-10:30剣御前小屋-11:30別山-雷鳥沢滑走-13:00テント場

朝寒くて起きることができず1時間予定より遅くなる。天気は山の上の方は曇っているがまずまず。
今日は真砂沢を滑る予定で剣御前小屋経由で別山へ登り、真砂沢を滑って剣沢を登り返す予定であるが出発がかなり遅くなったのが気にかかる。

P4240631-1.jpg P4240634-1.jpg
P4240641-1.jpg P4240640-1.jpg
P4240644-1.jpg

他のパーティも一斉に登り始める。そんなに人は多くはないが小屋泊まりのパーティが多い。雷鳥沢横を登るパーティが多く、室堂乗越へも数人いる。少し硬めの斜面をひたすら御前小屋へ向かって登る。自分たちのテントが徐々に小さく下の方に見えるようになってゆく。それでも御前小屋へは一番乗りで、もう一人別山から雷鳥平へ滑る人がいる。
小屋からアイゼンを付け板を担いで行く。登っていると徐々にガスがでてきて別山についた頃には視界が30m足らずで真砂沢に行く気がしないし、今から降りるとテントに戻るのは5時頃になってしまう。安全策をとり御前小屋まで板をそのまま担いで降りて雷鳥沢を滑ることにした。
P4240658-1.jpg 456724_209771332472128_100003177882561_369931_67449652_o.jpg
469128_209771509138777_100003177882561_369935_363829697_o.jpg

雷鳥沢は滑りやすいのだが、ガスで視界が悪くあまり飛ばして降りるのは怖い。下の方は暖かく雪が緩んで非常に滑りづらい。時間が早いのでもう一度登り返してもいいのだが、この雪では滑る気にならない。早々にテントに戻って昨日濡れたものを干すことにした。テントは昨日よりも多くなり7張となっている。
十分干したおかげで今夜はぐっすり寝ることができた。
P4240675-1.jpg

4/25 快晴

7:30テント場-9:00一ノ越-山崎カール下部滑走-11:00一ノ越-11:40東一ノ越-たんぼ平-13:30黒部ダム

朝起きると天気は快晴。本当は昼間ずっと滑っていたいが、ガスがかかると帰りの東一ノ越のところが分かりづらいので、一ノ越まで荷物を持って行きデポをして、少し滑ってから帰ることにした。
まずは一ノ越まで重荷を背負って登る。室堂小屋から何パーティも登って行くのが見える。一ノ越で荷物を置き、トラバースして山崎カール下部を滑る。まだ早いので雪は硬いが自分にはちょうどいい斜面だ。適当なところで登り返すが既に気温が上がり暑い。
P4250691-1.jpg P4250722-1.jpg
P4250725-1.jpg

一ノ越から東一ノ越はちょっと分かりづらい。原君はちょっと下がり過ぎで登り返した。重荷でのトラバースは辛い。所々雪がなく歩かなければならない。東一ノ越で数人が休んでいる。自分らもこれからの滑りに備え休む。
ここからは急斜面をたんぼ平に滑り込んでロープウェーの下を通り林の斜面降りる。
初めは雪もまあまあで、重荷でなければなかなか楽しめそうだ。徐々に雪が重くなって曲がりづらくなってゆく。足の負担が大きいので休み休み滑ってロープウェーの停留所のそばへ。そこから林の斜面だ。木に当たらないよう慎重に降りる。足が疲れたところでダムの道にでた。
P4250742-1.jpg P4250750-1.jpg
P4250755-1.jpg 475780_209772335805361_100003177882561_369954_314292739_o.jpg
関連記事
スポンサーサイト

Newer Entry前穂北尾根

Older Entry種まき

 

Comments

Leave a comment







1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
> < 08

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。