登山記録 by 児玉

登山、沢登り、山スキー、クライミング、アイスクライミングなどの国内・海外の自分の記録

Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 雪山登山  

槍ヶ岳 on 1.1.2012

2011/12/31-2012/1/2
メンバー:原口、金澤、松嶋、今関、入江、児玉

新穂高温泉から槍平ベースで飛騨沢から槍ヶ岳往復。大喰岳西尾根を予定していたが、飛騨沢にしっかりしたトレースがあり、雪の状態も悪くなかったので飛騨沢から行く。天候はガスで何も見えず、風も強かったが無事予定通りに元旦に登頂できた。

12/31 3:00太田-8:00新穂高温泉-13:30槍平
1/1  5:30槍平-11:00槍ヶ岳-14:30槍平
1/2  8:00槍平-11:00新穂高温泉-19:00太田

12/31 晴れ
原口宅経由で新穂高温泉へ。天気は良いが意外と雪が少ない。林道を白出沢まで行きそこから登山道となる。帰るパーティも多い。流石に重荷は疲れる。ペースも夏時間と同じで早い。みんな結構疲れてしまった。入江君は体調が悪くなり明日の登頂が心配。
395514-1.jpg PC311661-1.jpg
397836.jpg 400012-1.jpg
PC311662-1.jpg

1/1 雪、上部は吹雪
朝3:30に起床し昨日の残りご飯で雑炊を作った。入江君も食べることができ皆で出発。トレースはバッチリついていて迷うことはない。飛騨沢へのトレースはしっかりついていて、大喰岳へのトレースよりしっかりしているので飛騨沢を行くこととする。
390702_210927622327630_100002311818536_444546_665275962_n.jpg 383327_227999423942152_100001962897290_499310_1704835026_n.jpg
P1011663-1.jpg P1011665-1.jpg

登るにつれ徐々に風が出てきてトレースは薄くなって行く。後ろから登るパーティも付いてくるが先に行かない。やがて登山道の赤布が出てきた。風はより強くなってきた。上からもパーティが降りてくる。後で聞いたらあの谷口ケイさんだった。何とか肩の小屋の冬季小屋に潜り込み寒さ対策をして登頂に備える。

槍の穂先へは、原口・入江がロープで行く。まだ氷結していないので意外と登りやすい。皆に注意を払いつつ登って行くがあっと言う間に頂上に。周りは何も見えず風も強いので、写真を撮り直ぐに下山。一応フィックスを張り慎重に下山する。
d 405701_210928278994231_100002311818536_444566_1954783659_n.jpg
380859_227999933942101_100001962897290_499331_1634675910_n.jpg

肩の小屋からの下山も視界が殆ど見えずホワイトアウト状態。トレースも風で消されて分かりづらい。途中GPSで位置を確認して降りて行く。無事槍平のテントまで戻るが夏時間よりかなり早かった。今夜は餅を食べて祝った。
400412_228000387275389_100001962897290_499346_698173222_n.jpg 390898_228001003941994_100001962897290_499364_1116012294_n.jpg

1/2 雪
6:00起床、槍平をあとに新穂高温泉に戻る。
関連記事
スポンサーサイト

Newer Entryアイスクライミング

Older Entry前武尊スキー(敗退)

 

Comments

Leave a comment







1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
> < 08

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。