登山記録 by 児玉

登山、沢登り、山スキー、クライミング、アイスクライミングなどの国内・海外の自分の記録

Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: アルパインクライミング  

八ヶ岳(正月定例山行)

12/29~1/3まで、赤岳主稜、石尊稜、ジョウゴ沢、阿弥陀北稜などに行く予定であったが、天候が悪く赤岳主稜のみとなってしまった。行者小屋ベースのため重荷を背負って行ったが、ボッカトレーニングとなってしまった。

12/29(火) 快晴、無風
4:00家を出発し、8:00美濃戸に到着。美濃戸山荘へは降雪が気になるため車では入らず、歩くことにした。荷物はアイスクライミング道具などもあり、また行者小屋ベースということもあり一切軽量化しなかったため30kg以上だろうか、膝の上まで持ち上げるのも息が切れ、担ぎ終わるとゼイゼイとなってしまった。さすがに重い。。。
13:00行者小屋着。疲れたー!テント設営後、ジョウゴ沢を偵察。F2に3パーティいるため取り付けずテントに引き返した。今晩は豪華に鍋をつついて、早々に消灯した。

美濃戸山荘
美濃戸山荘

ジョウゴ沢F2
ジョウゴ沢 F2

12/30(水) 薄曇りのち曇り、弱風のち強風
天候が悪くなる予報のため朝の状況でどこへ行くか決めることになっていたが、結局赤岳主稜となった。ちょっと出遅れて8:00頃取り付きに到着、3名の先行パーティしかいない。もっと混んでいることを想像していたが、それ程でもない様子。結局、9:00頃スタートとなる。チョックストーンの下は埋まっていて乗越しとなる。意外とホールドはあり特に問題なし。廻り込んで昔使用していたピナクルの先にしっかりとしたペツルがある。途中、冬では行かないところに残置のスリングがあったが、夏に登るためか??久しぶりのためちょっと迷うところ。前のパーティが遅いため後ろのパーティと合わせ抜き合ってザイルが交錯し嫌な状況で、しかも最後の方の核心となる。見ればホールドもあるが、ザイルが入り組んでいて邪魔でしょうがない。この頃になると風が下から吹き上げてきて、目に小さい氷の粒が当たり痛く、風も最高に冷たい。程なく稜線となり終了。頂上で写真を撮り、地蔵尾根から下る。途中、怪我をしたのか救助隊が2人を救助していた。テントに戻り乾杯の祝杯をあげる。
主稜1
主稜2
主稜3
赤岳頂上
頂上より北八ツ方面


12/31(木) 小雪、やや強風
今日から本格的に天候が悪くなるという予報のため、撤退とした。テントをたたみ、7:30行者小屋を出発、振り返ると山はガスに覆われ何も見えない。途中、今日明日の2日間の予定のY氏のグループと出会う。天気予報が悪いので来ないかなと思っていたが、行者小屋周辺を散策するということであった。10:30美濃戸着。小淵沢の温泉に入り帰った。
関連記事
スポンサーサイト

Newer EntryCO2削減 (Green House Gas Emission Reduction)

Older Entry黒岩 アイゼントレーニング

 

Comments

Leave a comment







1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
> < 06

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。