登山記録 by 児玉

登山、沢登り、山スキー、クライミング、アイスクライミングなどの国内・海外の自分の記録

Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: アルパインクライミング  

木戸壁右カンテルート(西上州)

11/27
メンバー:倉沢、原、松嶋、児玉

9:50取付き-13:30終了点-15:30取付き

裏妙義の木戸壁を登ってきた。整備されていてボルトは最初の4ピッチは豊富。後の2ピッチはあまり登られていない様子。核心は6ピッチ登ってからの後ろの沢への懸垂だった。

裏妙義の国民宿舎から20分のところに木戸壁があり、既に1パーティが登っていた。他県からきたパーティであるが最近は登られているのか??岩がたまに落ちてくる。岩は小同心のようにホールドは一杯あるがいつポロリと取れるか分からないような感じ。なるべく取れにくそうなホールドを選んでの登りとなる。

倉沢君と原君が組んで、松嶋君と自分が組んだ。
1ピッチ目:立っているがホールドは一杯ある。ホールド選びに神経を使う。途中の左へのトラバース君のところが核心か。松の木のところまで。
PB271699-1.jpg PB271702-1.jpg PB271703-1.jpg

2・3ピッチ目:右のカンテ付近を登る。高度感がでてくる。
PB271706-1.jpg

4ピッチ目:傾斜が寝てきて快適。
PB271712-1.jpg PB271717-1.jpg

ここからはランニングをとれるハーケン類はなし。適当に木や気休め程度な岩にプロテクションを取る。実質的にはフリーソロのような感じ。
5ピッチ目:トラバースして初め木で登りにくいところを行き、チムニー状を登るが乾いたコケがありあまり。プロテクションがあればどおってことのないところだが、丸っこい岩に気休めのプロテクションを取って行く。
PB271715-1.jpg PB271726-1.jpg

6ピッチ目:三本のルートが取れる真ん中のルートを行くが、壁の上が溝状になっていて、初めが嫌らしい。ここも丸っこい岩にプロテクションを取ってみたがどうみても気休め程度。上の方に行けばホールドはあり、ナイフリッジ状のところを渡ると終了。
PB271721-1.jpg PB271730-1.jpg

下りが一番分からない。もう殆ど降りていないらしく踏み跡も殆どない。適当に降りてみるが、ロープが届くか心配しながら降りてみる。
PB271731-1.jpg
関連記事
スポンサーサイト

Newer Entry谷川岳西黒尾根

Older Entry稲含山(西上州)

 

Comments

Leave a comment







1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
> < 06

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。