登山記録 by 児玉

登山、沢登り、山スキー、クライミング、アイスクライミングなどの国内・海外の自分の記録

Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 沢登り  

川場谷

8/20(火) 晴れのち曇り

メンバー:金澤、児玉
川場谷は上州武尊山へ突き上げる沢でナメやナメ滝が有名である。初めにウナギの寝床と獅子の牢が現れ、その後普通の河原となり、中盤8m滝がでるとナメやナメ滝が続き、終盤沢がいくつか別れルートファインディングに悩まされる。それ次第で藪漕ぎも軽減される。藪はかなり凄い。今回は1時間15分で抜けることができたが、前回は2時間以上かかってしまった。

5:50旭小屋-7:00入渓点-9:30 8m滝-9:55剣ヶ峰沢-12:30登山道-15:00旭小屋

旭小屋に車を置き、入渓点である桐の木平キャンプ場に向かう。まだ肌寒いので体を温めてから入渓する。直ぐにナメ床の平滑が、そしてウナギの寝床が現れ、獅子の牢と続く。

平滑
P8300003-1.jpg

ウナギの牢
P8300009-1.jpg

その後、2-3mの滝が続き、大きな岩の乗越しに手こずるところもある。ちょっと普通の渓相が2時間程続く。
P8300012-1.jpg P8300014-1.jpg
P8300022-1.jpg P8300024-1.jpg

8mの滝が現れると渓相が一変する。登れる滝がでてナメ床が続く。ここからが川場谷のハイライトと言うべきところだろうか。
P8300030-1.jpg P8300034-1.jpg
P8300039-1.jpg P8300042-1.jpg
P8300043-1.jpg P8300049-1.jpg
P8300050-1.jpg

終盤は幾つか沢が右から左から入ってきて水量もそれぞれあり判断が難しい。一つ沢筋を間違えると大分違ったところに行きついてしまう。徐々に水量が減って笹が煩くなる。最後の藪漕ぎはルートファインディング次第で大違いとなる。だが大変な藪漕ぎとなってしまった。ようやく登山道にでて武尊山-前武尊経由で旭小屋に戻った。
関連記事
スポンサーサイト

Newer Entry湯川クラッククライミング(9/7)

Older Entry白毛門沢

 

Comments

Leave a comment







1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
> < 04

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。