登山記録 by 児玉

登山、沢登り、山スキー、クライミング、アイスクライミングなどの国内・海外の自分の記録

Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: アルパインクライミング  

明神岳東稜

7/14・15の二日間で明神岳東稜に行ってきた。メンバーは玉水、松嶋と自分の3名。二日とも朝から暑く、2日間で6Lの水を飲みほしてしまった。クライミングはⅢ~Ⅳ-と難しいところはないが、泊まり道具と6Lの水の重荷でのクライミングは相当くたびれた。
ロープは第一段階と呼ばれるところで2ピッチ、上部バットレスで2ピッチ使用した。明神岳のあとは前穂高岳から岳沢を下って上高地へ戻った。

7/14 自宅1:30-沢渡5:00-上高地5:45-明神橋7:00-ひょうたん池10:00-バットレス手前のコル13:50
7/15 コル4:20-明神岳主峰6:10-前穂高岳8:10-岳沢ヒュッテ10:40-上高地12:20

明神で水を汲んで出発。明神橋、養魚場跡を過ぎ下宮川から宮川のコル、ひょうたん池に向かう。初めは樹林の歩きだが徐々に木陰がなくなってきて暑い。
P7140002-1.jpg
P7140011-1.jpg
P7140021-1.jpg
明神橋

P7140029-1.jpg
P7140035-1.jpg
ひょうたん池

P7140038-1.jpg

ひょうたん池からリッジを行くが細いリッジではなくブッシュや岩混じりの踏み跡が薄いところを行く。程なく第一段階という急な草付きをロープを出して登る。登ってみたらロープがいらないくらいだが、重荷なのでまあしかたないだろう。
P7140044-1.jpg
P7140059-1.jpg

バットレス手前のコルにビバーグできそうなところがあり、先に行くか泊まるか話をしたが、バットレスを超えるのに3時間位掛かりそうなのでここで泊まることにした。時間がまだ早いのでバットレスの核心を空身で登ってみることにした。その後1ピッチ目をフィックスにしてテントに戻った。夕方雨が降るかと思ったが天気は安定して雨はなかった。
P7140066-1.jpg
P7140071-1.jpg

朝、夜明けと同時に登り始める。昨日登った2ピッチをロープを使い登った。その後はロープなしでも行けそうなので使用せず。ひたすらガレた斜面の登りが続く。
P7150077-1.jpg
P7150086-1.jpg
P7150089-1.jpg
P7150092-1.jpg
P7150099-1.jpg

6:10明神岳主峰に到着。天気は今日も良い。ここから前穂高岳に向かう。アップダウンの連続で一か所懸垂をする。
P7150105-1.jpg
P7150110-1.jpg
P7150117-1.jpg
P7150120-1.jpg P7150129-1.jpg
P7150132-1.jpg P7150147-1.jpg

8:10前穂高岳に到着。6~7人が既に頂上にいた。岳沢から登ってきた人だ。まだ何人か登ってくる。前穂高の頂上は意外と広い。休憩をして岳沢をくだる。重荷が足には厳しい。12:20上高地に到着。
P7150154-1.jpg
P7150157-1.jpg P7150165-1.jpg
P7150166-1.jpg
P7150171-1.jpg
P7150180-1.jpg
P7150184-1.jpg
P7150188-1.jpg
P7150191-1.jpg
P7150193-1.jpg
関連記事
スポンサーサイト

Newer Entry獅子岩(7/17)

Older Entry中央カンテ(一ノ倉沢)

 

Comments

Leave a comment







1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
> < 05

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。