登山記録 by 児玉

登山、沢登り、山スキー、クライミング、アイスクライミングなどの国内・海外の自分の記録

Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: アルパインクライミング  

谷川岳一ノ倉沢中央陵(2011,6,3)

6/3(金) 曇りのち晴れ
久しぶりに漆原君と谷川岳一ノ倉沢へ行く。久しぶりなので中央陵へ。平日なので我々の他に二ノ沢に1パーティのみ。天気は昨日が雨で今日は気温が高めで時折晴れ間がでている。漆原君は依然初めて登ったとき4ピッチ目で雨が降ったので上まで抜けたいと言うので今回中央陵へ行くことにした。浮石が多く注意しながらの登攀となった。下降は同ルート下降も考えたが、北陵を行ったことがないということなので北陵下降に行ってみた。衝立前沢は雪が埋まっていて急なのでその横の小藪尾根を下り時間が掛かった。

一ノ倉沢出合7:00-中央陵取付き8:00-中央陵終点13:00-北陵経由一ノ倉沢出合17:00

出合いからテールリッジまで雪があるので楽に行くことができた。テールリッジはまだ濡れているところもあり、慎重に進むが結構疲れた。
P1030768-1.jpgP1030770-1.jpg
P1030774-1.jpg
P1030780-1.jpgP1030790-1.jpg

1P目漆原君リード:途中ランアウトもしてリッジの角まで行く。最初はいつも緊張する。大きな縦ホールドをつかむと10kg位のホールドが取れる。そのままにしても落ちそうなので、他に来ている人がいないのを確認して下に落とす。浮石が多いので慎重になる。
2P目児玉:トラバース気味に左上し北側へ。一部濡れていた。
3P目漆原:右にトラバースして南側に出て右上しフェースにでる。
P1030793-1.jpg

4P目児玉:細かいホールドと縦ホールドを使い核心のチムニーへ。チムニーは濡れていて登る気がしないのでランニングを目一杯取り、左側のフェースにでる。足はないが、上のホールドがしっかりしているので気持ちよく乗超す。
5P目漆原:草付きを左上、この辺からコールは聞こえ辛くなる。
P1030794-1.jpg
P1030799-1.jpg

6P目児玉:濡れた凹角からピナクルを登り、フェースを登る。ロープの流れが悪く重い。
7P目漆原:ブッシュ帯のルンゼを登り、左上する。
P1030807-1.jpg

8P目児玉:ルンゼ状を登り草付きを行き、右下に降り南側の脆い岩場を登る。
P1030810-1.jpg
P1030812-1.jpg

北陵の下降点から懸垂を6回、コップ状岸壁の下に降りる。久しぶりの北陵なので支点がしっかりしているところがあったが、1か所古いスリングのみだったので捨てスリングを1本足して空中懸垂をした。
衝立前沢へは雪渓をトラバースするが、よく見ると下に行くと雪渓が消えているのでもっと下に降りて少し登り返す。衝立前沢は雪で埋もれていて急なので横の藪尾根を降りる。こっちの方が手を使う。久々の藪漕ぎ。最後の滝は雪がなく、懸垂ポイントから懸垂。水量が多いので冷たい。雪渓を一ノ倉沢出合へ戻る。

P1030825-1.jpgP1030831-1.jpg
P1030833-1.jpg
関連記事
スポンサーサイト

Newer Entry両神、赤岩岳(1440m)・大ナゲシ(1532m)

Older Entry黒岩クライミング(5/24)

 

Comments

Leave a comment







1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
> < 06

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。