登山記録 by 児玉

登山、沢登り、山スキー、クライミング、アイスクライミングなどの国内・海外の自分の記録

Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: ニュージーランド  

Mt.サムナー クライミング

Mt.サムナーはクライストチャーチの東150kmほどのところで、駐車場から歩いて2時間半のところにある。ここもトラッドが殆どでスラブ系である。岩の形が面白く上に行くほど立ってくる。近くにハットがあり土日の一泊でのクライミングを楽しむことができた。計画はリチャードの彼女のクレアで、ベンと自分がその計画に乗った。
P1020098-1.jpg


2/12(土)晴れ
まだ暗い中6時にベンが迎えに来て、リチャードの家に行く。Mt.サムナーの駐車場まで1.5時間。アプローチのことは全然考えていなく荷物も軽量化してこなかったのが失敗だった。前回のチャールストンのように近いと思い込んでいた。荷物重量約25kgはちょっと重かった。彼らは15kgとギアがあるにも関わらずかなりの軽量化をしている。ハットまでコースタイムで3.5時間。自分たちは2.5時間で着いたが、バテバテとなってしまった。
ハットの裏山がいくつかのクライミングエリアが広がる。岩の形がおもしろい。早速ハットで準備をしてクライミングにでる。
P1020044-1.jpg
P1020049-1.jpg
P1020053-1.jpg
P1020055-1.jpg
P1020061-1.jpg
P1020064-1.jpg


初めにクリスチャン・ピナクルウォールという岩に行く。グレードが15~19(5.8-10a)のルート。まずは一番簡単なグレード15のルートをベンと登る。ベンはクライミングを初めて1年ちょっとでまだリードは初めて間もないので自分がリードで登る。それほど難しいところはなくいい感じだ。
次にグレードの16の隣のルート。一か所だけ手も足もホールドがなくなるところがある。
次もグレード16のルート。ここは少しだけ長く最後は立っている。
次はベンのリードの練習で、グレード15のルート。なかなかスメアリングも効いていい岩質だ。
リチャードはグレード19のスラブをやっている。
P1020106-1.jpg
P1020112-1.jpg
P1020113-1.jpg
P1020117-1.jpg
P1020129-1.jpg
P1020132-1.jpg


今度は少し上に上がったところにあるミート・グラインダーウォールというエリアに。
ベンが気を良くしてまたリードをやるという。グレード13のルート。グレード13の割にプロテクションをするところがなく嫌な感じだ。
次は自分でNZにきてトラッド最高グレードの17のルート。自分が嫌いなスラブ系でホールドも小さい。
時間は6時を過ぎて寒くなったのでハットに戻る。
P1020138-1.jpg

クリスチャン・ピナクルズ・ウォール
1.Bring Back the Cane(15) トラッド、マスターオンサイト
2.Sunday School Felching(16) トラッド、マスターオンサイト
3.Corporal Punishment(16) トラッド、マスターオンサイト
4.Sleeping with the Nasty Boys(15) トラッド、セカンド

ミート・グラインダー・ウォール
1.Beef-Flavoured Sausages(13) トラッド、セカンド
2.Misty Mountain Hop(17) トラッド、マスターオンサイト

2/13(日)曇り
昨夜は雨が降っていたが、朝はガスがかかり近くのクライミングエリアも見えない。ゆっくり朝食をとりながら天気が回復するのを待つ。トランピングの女性2人が来た。一人の女性が話しかけてきた。ずいぶん前だが日本で中学校で英語の教師として働いていて今はニュージランドに戻って違う仕事をしているという。神戸に住んでいて阪神大震災のときはベッドの下に隠れたので助かったと言っていた。
ガスが少し薄くなった10時過ぎに出発。今日はサマーズで有名なオレンジウォールへ行く。
P1020172-1.jpg

オレンジウォールはグレード15~25(5.8-12a)と難しいルートもあり、長さも30~40mとちょっと長めだ。まずは一番簡単な15のルートから。こちらの壁の方が昨日の壁よりちょっと難しい感じがする。昨日のグレード16の方が簡単だ。
次も同じく15のルート。昨日の壁の17くらいに感じる。トリッキーなところが2か所。最後は立ってくる。
次はグレード16のところ。初めはスラブで右に乗越して垂壁になりボルトがある。一部隣の壁を使いチムニー的な登りとなる。やはり長いルートはおもしろい。ベンは今日は少し難しかったのかリードをやりたいとは言わなかった。
この時点で既に夕方の5時。クライストチャーチまでは最低4時間かかるのでそろそろ帰ることにする。しかし、リチャード達はグレード21のルートを登り初めている。かなり時間が掛かりそうなのでハットに戻ってコーヒーを飲んで待つことにする。
P1020142-1.jpg
P1020147-1.jpg
P1020166-1.jpg
P1020175-1.jpg

ハットに戻ると1組のパーティがいた。明日クライミングに行く言う。リチャードらが帰ってきたら早々に片付けをして戻る。帰りも荷物が重くてクタクタだ。実に充実した2日間となった。

オレンジ・ウォール
1.Sardine(15) トラッド、マスターオンサイト
2.Dogfish(15) トラッド、マスターオンサイト
3.Orange Roughy(16) トラッド+スポーツ、マスターオンサイト
関連記事
スポンサーサイト

Newer Entryインドアクライミング イン ROXX

Older Entryキャッスルロック クライミング

 

Comments

Leave a comment







1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
> < 07

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。