登山記録 by 児玉

登山、沢登り、山スキー、クライミング、アイスクライミングなどの国内・海外の自分の記録

Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 山スキー  

丹後山~大水上~平ケ岳~景鶴~尾瀬

メンバー:児玉、他一名
4/26  曇りのち雨
車で三国川ダムまで送ってもらい、そこから十字峡まで歩く。今日は、十字峡までなので暢気だ。しかし、雲行きが怪しい。。小屋が使用できたので小屋を使用させて頂く。これが幸いしたのか、直ぐに雨がポツポツと、徐々に中降りになってきた。本当に小屋はありがたい。

4/27  雨のち曇り
朝、目覚めると、雨が。。。
暫く様子を見ようということで、再度就眠。
少し小止みになってきたところで、出発してみようということに。
出発すると、丁度雨は止んできた。グッドタイミング!

川沿いの大雪が心配だったが、雪が殆どなく時間が予定より早かった。
登りも初めは雪がないが、徐々に雪が出てくきた。
暫く行って雪が多くなったところで、スキーを履くことに。履くタイミングも良く、最小限の疲れで済んだ。ガスが掛かっていて上部は慎重にコースを見極め丹後山の非難小屋に到着したが、回りは殆ど何も見えない状況。

早速小屋に入ろうとしたが、小屋の扉が凍っていて開かない。暖めて何とか扉をあけることができ暖をとることができた。

4/28  曇りのち晴れ
朝、ガスで殆ど何も見えないが、時折遠くの景色が見えるときがある。大水上に向け出発。どこを歩いているか分からない状況で、何とか大水上山まで到着した。天候は少しよくなってきた。下の方はそれ程悪くない。
大水上

大水上から藤原へ


急な下りを慎重に下る。程よい傾斜でスキーを着けて滑降へ、直ぐにリッジとなりシール歩行となる。天気は良くなってきた。藤原山まではリッジなどがあるが、藪は少ないので歩きやすい。藤原山を過ぎると藪だらけで一向に進まない。予想していた以上に悪く、スキーを捨てたくなった。
藤原山

剣ケ倉山まで藪が続き、途中かなり大巻きをよぎなくしたところもあった。剣ケ倉山から平が岳は殆ど藪は無く快適だが、疲れがでてきて早くテント場を探さなくては! ・・・と平が岳の近くに。
剣ケ倉山付近

平が岳


4/29  晴れ
平が岳から踏み跡があり楽チン。。数人の単独登山者とすれ違う。山の鼻との分岐を景鶴山の方向へ、進む。こちらにも踏み跡があり楽チンであった。景鶴山へ登ると景色が良く見え、天気も良いので最高。ここから景鶴沢をスキー滑降!いくつか亀裂はあるが、最高の斜面で人がいないのでこれまた最高!長い滑走も直ぐに終わり、ヨッピ橋へ、途中景鶴に登る人も数人。尾瀬の人ごみを逃れるために早く迎えの車に向かい五月の縦走を終了した。
景鶴山
景鶴山より尾瀬ケ原を望む
尾瀬ケ原
関連記事
スポンサーサイト

Newer Entry小田倉沢、津室沢

Older Entry稲包山~野反湖~四阿山(群馬県境縦走)

 

Comments

Leave a comment







1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
> < 09

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。