登山記録 by 児玉

登山、沢登り、山スキー、クライミング、アイスクライミングなどの国内・海外の自分の記録

Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: マレーシア  

コタキナバルからクライストチャーチへ

コタキナバルのサマーロッジはなかなか良かった。朝食/AC付きで1泊22RM。ここを後にしてバスで空港近くまで。こちらのバスは人が一杯になってから出発するので、ちょっと早めに出る。こういう時は何故か順調で、1回乗り換えしたにも関わらず1時間弱で到着。チェックインはまだ始まっていなく1時間以上待つことに。今日も昼間は天気が良い。
P1010122-1.jpg
P1010127-1.jpg


まずはシンガポールに行き、預けておいた荷物を取って、ニュージーランドへという段取りである。しかし、ウェブでニュージランドの入国情報を調べていると、登山道具などの検査がかなり厳しいらしい。そのためシンガポールで荷物を引き取ってから、ハイキングシューズ・アイゼン・ストック・登山靴などトイレで洗うことに。また、食料品はほとんど捨てるか食べるか。
それにしてもシンガポール空港はすごい。ターミナルが3つあるが、無人のモノレールみたいので簡単に移動できる。トランジットも同様でいったん出なくても手続きでき(入国しなくてもいい)、ターミナル間の移動もモノレール。自分の場合、荷物を受け取って空港に置いておきたかったのでいったん入国して、荷物を預けてコタキナバルに飛んだのだが。

P1010128-1.jpg
P1010133-1.jpg
シンガポール空港

このことが良かったのか、ニュージーランドの入国時の検査が、ハイキングシューズと登山靴のみを見て「Very good!」でOKに!これが駄目だと他もかなり慎重に見られたのだろうな。よかった。

クライストチャーチに到着して市内まで、エアポートシャトルがあり、ドア ツー ドアサービスなので重荷の荷物には非常に助かった。
クライストチャーチはニュージーランドでは2番目に大きい都市だがビルがあるのはほんの一角のみ、人もそれほどいない。去年地震があったようでいくつかの家は立ち入り禁止になっている。でも寒い、お昼だというのに15℃。真夏のはずだが。。
P1010138-1.jpg
P1010143-1.jpg
エアポートシャトル

Kiwi Houseというバックパッカーなのに長期滞在用個室もある、日本人の経営する宿に。とはいっても今は息子さんらがやっているのでほとんど英語だが。たまたま日本の人が車で近くを観光に行くというので連れて行ってもらった。かなり寝不足で眠いのだがよかった。

P1010145-1.jpg
Kiwi House

P1010147-1.jpg
ニューブライトン

P1010150-1.jpg
ニューブライトン

P1010157-1.jpg
P1010158-1.jpg
エイボン・ヒースコート河口の干潟

P1010164-1.jpg
P1010172-1.jpg
バンクス半島と入江

P1010174-1.jpg
ダブルデッカーの観光バス

P1010179-1.jpg
P1010185-1.jpg
P1010186-1.jpg
P1010192-1.jpg
P1010206-1.jpg
P1010214-1.jpg
リトルトン

P1010221-1.jpg
キャッスルロック(ロッククライミングもできる)

P1010232-1.jpg
P1010236-1.jpg
P1010244-1.jpg
P1010250-1.jpg
P1010246-1.jpg
サイン・オブ・ザ・タカ


関連記事
スポンサーサイト

Newer Entryクライストチャーチ市内

Older Entryキナバル山(4095m)

 

Comments

Leave a comment







1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
> < 08

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。