登山記録 by 児玉

登山、沢登り、山スキー、クライミング、アイスクライミングなどの国内・海外の自分の記録

Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: ネパール  

アイランドピーク(6189m) その2

11/29(Day6) ディンボチェ(4350m) 停滞(裏山の5000mのピークの往復)

順応のため裏山にあるピークに登るが、裏山でも5000mである。カラパタールに向かう人もこのピークに登り順応する。風は強く寒い。

P1000685-1.jpg
シャルツェ(7591m)、アランドピーク(6189m)、マカルー(8462m)、カリヒマール(7057m)

P1000687-1.jpg
アムダブラム(6856m)

P1000690-1.jpg
タウチェ(6542m)、チョラツェ(6440m)

P1000698-1.jpg
5000mのピーク

P1000707-1.jpg

11/30(Day7) 晴れ ディンボチェ(4350m)→ チュクン(4743m)

ディンボチェからチュクンまで高度差で400m、時間にして4時間弱。高度が高いのでゆっくり歩くが、風がかなり冷たい。川沿いの道を行く。お昼にはチュクンに到着。アランドピークBCから戻ってくる人が多い。どうも風が強くて今日は一人も頂上に立つことができなかったようだ。自分らのときは風が収まりますように。
チュクンでも順応のため5000mのピークまで登る。

P1000710-1.jpg
ヒマラヤ襞、崩壊が酷くなっているという

P1000711-1.jpg
P1000713-1.jpg
アイランドピークも近くなってきた

P1000718-1.jpg
P1000719-1.jpg

12/1(Day8) チュクン(4743m)→ アイランドピークBC(4970m)

モレーンの中をBCまで行く。朝は凍っているので注意が必要だ。アイランドピークの麓を周るように行く。
BCには数パーティがいる。日差しは熱いが空は寒い。

P1000725-1.jpg
P1000726-1.jpg
アイランドピークの麓を周る

P1000727-1.jpg
ヌプツェ(7879m)とローツェ(8516m)

P1000729-1.jpg
アイランドピークBC

12/2(Day9) 晴れ アイランドピークBC(4970m) 停滞(5200mまで往復)

あさ2時頃出発した人がいる。昨日来て直ぐに頂上まで登りに行くのは順応がうまくいっているのだろう。しかし、自分のシュラフは寒くて寝られない。確か-15℃まで大丈夫なはずだが、服を目一杯着てもダメである。トイレには3~4回起きるしで、寝られなくなってしまった。朝方うとうと。寝ようとすると息が浅いのか息苦しくなり目が覚める。
今日は停滞なので食事をとりシュラフにもぐり込む。朝は特に寒い。日差しがでるまで外にでる気がしない。
当初、K保田さんが考えた計画はこの後、BC-C1-BC、BC、BC-C1、C1-Peak-BC、ディンボチェであるが、この寒さの中いつまでもいられないし、天気も2-3日後崩れてくるようなので、BC-C1、C1-Peak-BC-チュクンとすることなった。

12/3(Day10) 晴れ アイランドピークBC(4970m)→ ハイキャンプ(5600m)

今日はハイキャンプまでなので昼食を食べてから出発。ジグザグにゆっくり登って行く。岩稜帯がある手前にハイキャンプがある。今日はここまで。BCから行く人もいるが、我々はハイキャンプから出発する。昨日登った人でBCから行ったが途中で降りてきた人もいた。ここで1日費やすことは大きな問題ではない。

12/4(Day11) 晴れ ハイキャンプ(5600m)→ 頂上→ ベースキャンプ→ チュクン(4743m)

朝12時半に出発。初めは岩のところを登って行く。ヘッドライトだけなので慎重にゆく。どこをどう登っているのかよく分からない。朝は風がなく気温も少し高いようだ。とは言っても暖かいわけではない。徐々にリッジと思われるところになってきた。気温がグゥ~と寒くなる。
凍っているところに来た。ここでアイゼンを着ける。寒いが風は微風。夜も明けて明るくなってきた。氷河の中を行く。クレヴァスも多くはないが数か所ある。前に壁がでてきてそこを右手に進む。結構歩いたなと思っていたら、最後の雪壁が見えてきた。
突然、K保田さんが「私はここまでにする」という。自分は行ってみることにする。クライミングガイドがテキパキとフィックスロープを張り、急な壁を登る。かなり登られているようで、かなり大巾だが踏み後はしっかりある。息が切れてしょうがない。高いところでなければロープなしでも行けそうだが、とても行く気にはなれない。何とか稜線にでたが、このリッジも長い。巾も50cmないところが多い。ようやく頂上に到着。ローツェ南壁が真近に見える。
帰りは少し急ぎ過ぎた。もう少しゆっくり降りればよかった。下に降りるからと言っても早く動くと、高山病の症状がでる。徐々に体の動きがにぶくなってくる。
ハイキャンプまで戻り、お茶を飲んで一息入れBCまで戻る。BCへはお昼頃着いたので、チュクンまで行くことにする。チュクンまでが以外に遠く感じた。疲れているのだろう。

P1000732-1.jpg
P1000735-1.jpg
頂上までのリッジ

P1000737-1.jpg
頂上から雪壁を望む

P1000738-1.jpg
P1000739-1.jpg
P1000740-1.jpg
P1000742-1.jpg
P1000743-1.jpg
クライミングガイドのアンニマさん

12/5(Day12) チュクン→ タンボチェ

P1000748-1.jpg
P1000751-1.jpg
P1000755-1.jpg
P1000759-1.jpg
タンボチェのゴンパ

P1000761-1.jpg
P1000764-1.jpg
P1000791-1.jpg
ヌプツェとローツェの夕焼け

12/6(Day13) タンボチェ→ クムジュン

P1000797-1.jpg
P1000800-1.jpg
P1000803-1.jpg
P1000806-1.jpg
クムジュンのゴンパ

P1000813-1.jpg
イエティの髪の毛

P1000818-1.jpg
P1000819-1.jpg
P1000820-1.jpg

12/7(Day14) クムジュン→ ナムチェ

P1000825-1.jpg
P1000827-1.jpg

12/8(Day15)~12/9(Day16) ナムチェ滞在

12/10(Day17) ナムチェ→ ルクラ

P1000831-1.jpg
P1000835-1.jpg
P1000840-1.jpg
タムセルク(6608m)

P1000841-1.jpg
P1000843-1.jpg
P1000845-1.jpg
P1000850-1.jpg

12/11(Day18) ルクラ→ カトマンドゥ

P1000852-1.jpg
P1000857-1.jpg
関連記事
スポンサーサイト

Newer Entryアイランドピーク(6189m)

Older Entryネパール世界遺産

 

Comments

Leave a comment







1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
> < 07

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。