登山記録 by 児玉

登山、沢登り、山スキー、クライミング、アイスクライミングなどの国内・海外の自分の記録

Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: ネパール  

ランタン トレッキング(3/3) in ネパール

11/11(Day8) シン・ゴンパ(3350m) → ゴサインクンド(4380m)

シン・ゴンパからチャランパテまでは尾根の下の方を行く。そのため北側の景色は見えない。チャランパテからは少しずつ見えてくる。ラウルビナヤクから良く見えるが、朝はまだ雲が少なかったが、既に雲がかかり一部しか見えない。少し登るとゴンパが2つある。この先は岩山の高度刊がある山腹の道を行く。湖が見えてきてゴサインクンドに到着。ゴサインクンドは湖の名前。この湖にはヒンドゥ教の神、ヴィシュヌ神が眠っているという。
P1000446-1.jpg
シンゴンパの集落

P1000451-1.jpg
ランタンⅡとランタンリルン

P1000459-1.jpg
ガネッシュの方は既に雲がかかり始めた

P1000478-1.jpg
ラウルビナヤク

P1000502-1.jpg
ラウルビナヤクの上の方にあるゴンパ

P1000506-1.jpg
ゴンパの神様

P1000512-1.jpg
ゴサインクンドまでもう直ぐ

11/12(Day9) 曇りのち雨 ゴサインクンド(4380m) → ゴプテ(3430m)

朝食前に200mくらい上のタルチョがたっているところまで登ってみた。朝は雲が少ないので山が良く見える。ガネッシュⅠ(7429m)、Ⅱ(7111m)、Ⅳ(7052m)、ヒマルチュリ(7893m)、マナスル(8163m)、ランタンⅡ・ランタンリルンとチベットの山も見える。寒いので直ぐに降りる。
ゴサインクンド湖の脇を登り4610mのラウルビナヤクパスに行く。ゴツゴツした岩の道を通る。いくつかの湖を過ぎるとタルチョが見えパスに到着する。
そこからはずうっと下りになる。イヤタンの茶店を通るころには周りはガスで何も見えない。さらに下りフェディで休憩。
ここのすぐ先で道を間違え大変なことになる。ガイドブックにはチョルテンを真っ直ぐに行かず手前の左の急なところを下る。となっていたのだが、自分のポーターとその友達が、こっちだと真っ直ぐの道を指していた。周りにもポーターが数人いて何も言わなかったので、ガイドブックが間違っていると思いそちらに行ったがこれが大間違い。2時間下ったところで、反対側からきた人に教えてもらい間違いに気づき、3時間かけて登り返し。おまけに雨まで降ってきた。自分のポーターの友達も一緒でその人は凄い重い荷物で、そのお客は既にフェディを過ぎゴプテに行ってしまったので彼も2時間先のゴプテに行かなければならない。彼は登り返しで相当疲れているので、自分のポーターに彼の荷物を持たせ自分らもゴプテに行くことにした。暗くなりかけたpm5時半に雨の中ゴプテに到着。
P1000513-1.jpg
朝は雲がなく綺麗だ。左からガネッシュⅣ(7052m)、Ⅱ(7111m)、Ⅰ(7429m)

P1000515-1.jpg
ゴサインクンド湖

P1000520-1.jpg
ガスで周りは何も見えない

P1000519-1.jpg
ラウルビナヤクパス(4610m)

P1000523-1.jpg
道間違い

11/13(Day10) 曇りのち雨 ゴプテ(3430) → クトゥムサン(2470m)

今日も朝から曇っていて周りは何も見えない。昨日は道を間違えたので今日はガイドのグループについて行く。そのため歩くのが遅いので、少し行ってはちょっと休み、少し行ってはちょっと休みでなかなか進まない。景色が良い筈のタレパテも今日は何も見えない。マギンゴートのロッジで昼食をとる。
そこからの下りは滑りやすい赤土で、雨の日には川なるのか石がゴロゴロしている。途中からまたも雨。
P1000524-1.jpg
P1000525-1.jpg
P1000526-1.jpg

11/14(Day11) 曇り クトゥムサン(2470m) → チソパニ(2170m)

曇ってはいるがまだ高い位置で少しだけ山も見える。尾根道を行くがリッジの少し下の山腹を行く。初め下りが多い。グルバンジャンから自動車道のよう道を行く。まだ道路工事中といった感じでまだ車の通った形跡はない。そのうちに山道になりチプリンへ下る。さらに天気は曇ってきた。更に下りバディバンジャンへ。村の手前でまた自動車道のような道を行く。村に入る直前でユンボを使って道路工事をしていた。この辺はもう直ぐ車が走るのだろう。グルバンジャンのところも山をトラバースするように道路がかなりできていた。
そこから登りでチソパニに到着。村にはバイクもあり、ホテルはちょっとましな感じである。ようやく電気があるところまできた。
P1000527-1.jpg
今日は昨日より天気が良さそうだ

P1000529-1.jpg
P1000532-1.jpg
P1000540-1.jpg
P1000544-1.jpg
パディーバンジャンの集落

P1000545-1.jpg
チソパニ

11/15(Day12) チソパニ(2170m) → スンダリジャル(1460m) → カトマンドゥ

チソパニから道路を少し下り登山道を登る。新たに道路が作られているのでどこを行けば良いのかかなり難しくなっている。一旦登ったあとは緩やかに下り。ムルカルカ手前で少し急になりムルカルカに到着。ここまで2時間くらいだが、途中に茶店などはない。ムルカルカからちょっと長い家並みが上下に続く。階段が長い。良かった下りで。登りは相当きつそう。カトマンドゥ盆地が山の間から見えてくる。そこまで行くとスンダリジャルだ。スンダリジャルからバスでカトマンドゥへ。混んでなければ1時間足らずだが、混んでいるので1時間半はかかる。料金たった20Rs。こう見るとホテル代は相当高い。自分の泊まっているところは安い方だが、700Rs。カトマンドゥのツーリスト向けのものは日本の安いものと同じくらいの値段のものが多い。こんなにインフラが悪くて、イミテーションばかりなのに。こちらはノ-スフェイスが人気があるようだ。みんなノースフェイスだ。その名前がつくと高くなる。やっとカトマンドゥに到着。
P1000553-1.jpg
P1000557-1.jpg
リンガ、ヒンドゥ教の神体のシンボル、男性と女性の象徴を表す

P1000558-1.jpg
カトマンドゥへの水道管

P1000563.jpg
スンダリジャルのバス停

P1000600-1.jpg
カトマンドゥ
関連記事
スポンサーサイト

Newer Entryランタン トレッキング(2/3) in ネパール

Older Entryアンナプルナ トレッキング(1/4) in ネパール

 

Comments

Leave a comment







1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
> < 11

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。