登山記録 by 児玉

登山、沢登り、山スキー、クライミング、アイスクライミングなどの国内・海外の自分の記録

Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: ネパール  

アンナプルナ トレッキング(1/4) in ネパール

アンナプルナ サーキット(一周)とアンナプルナ ベースキャンプ(ABC)へのトレッキングで20日間。コースは下記の通りです。
カトマンドゥ-ベシサハール-トロンパス(5416m)-ジョムソン-ゴレパニ-アンナプルナベースキャンプ(abc)-ポカラ

10/6(Day1) カトマンドゥ-ブルブレ
10/7(Day2) ブルブレ(840m)-ジャガット(1300m)
10/8(Day3) ジャガット(1300m)-バガルチャップ(2160m)
10/9(Day4) バガルチャップ(2160m)-チャーミー(2670m)
10/10(Day5) チャーミー(2670m)-ピサン(3200m)
10/11(Day6) ピサン(3200m)-マナン(3540m)
10/12(Day7) マナン(3540m)-ヤクカルカ(4050m)
10/13(Day8) 晴れ ヤクカルカ(4050m)-トロンフェディ(4450m)
10/14(Day9) 晴れ トロンフェディ(4450m)-トロンパス(5416m)-ジョムソン(2720m)
10/15(Day10) 曇り ジョムソン(2720m)-カラパニ(2530m)
10/16(Day11) 曇り、夜雨 カラパニ(2530m)-タトパニ(1190m)
10/17(Day12) 曇りのち雨 タトパニ(1190m)-ゴレパニ(2860m)
10/18(Day13) 曇りのち雨 ゴレパニ(2860m) レスト
10/19(Day14) 晴れのち曇り ゴレパニ(2860m)-タダパニ(2630m)
10/20(Day15) 晴れのち曇り タダパニ(2630m)-チョムロン(2170m)
10/21(Day16) 晴れのち曇り チョムロン(2170m)-ヒマラヤ(2920m)
10/22(Day17) 晴れのち曇り ヒマラヤ(2920m)-マチャプチャレBC(3700m)
10/23(Day18) 晴れのち曇り、夜雪 マチャプチャレBC(3700m)-アンナプルナBC(4130m)-バンブー(2310m)
10/24(Day19) 晴れのち曇り バンブー(2310m)-ジヌー(1780m)
10/25(Day20) 晴れのち曇り ジヌー(1780m)-ナヤプル(1070m)-ポカラ(820m)

一人で行こうと思っていたが、色々考えた結果、高所順応を確実にするためガイドを一人雇い、ベシサハールからジョムソンまでポーターを一人雇った。この時期高所は宿が少ないので一人だとかなり難しい、言葉の問題とポーターがいると先に行って宿を取ってもらえるなど。だいたい道もここはどこ、なんてのも殆どないし、分かれ道に行先など何もない、人の家の庭先を通ることすらあり、ルートファインディングというか道探しは誰かいないと全然分からない。恐らく2~3日は違っただろう。それとその土地の風習、宗教などいろいろ聞けたし、英語で話してくれるので多少英会話の勉強にもなった。
それに、ガイド友達と一緒に他の海外のお客と行けたので20日間はそれほど退屈でもなかった。勿論、山は超綺麗!

10/6(Day1) 晴れ カトマンドゥ-ブルブレ

今日はカトマンドゥからベシサハールまで7時間のバス移動だ。バスはワゴン車で4X4列とギュウギュウの上、その他に2~3人余計に乗せるので、窮屈ったらこの上もない。おまけに渋滞と埃で一日目にして疲れ果ててしまった。こんなときこそ雨になれば良かったのに、車がスタックして良くないか。。何とかベシサハールに到着。その先のブルブレまでバスがあるというので、先が長いのでぶるブレまで行くことに。しかし、道路というか日本でいうオフロードというものではない。河原で車を転がしているようなもので、大きな石があるなど当たり前で、川を渡ったり、ひっくり返るのではというほどの揺れだが、他のの人は普通の様子。
PA060026.jpg
PA060028.jpg
PA060030.jpg

10/7(Day2) 晴れ ブルブレ(840m)-ジャガット(1300m)

今日から本当のトレッキングだ。まず川の右側を川沿いに歩く。反対側にジープ車が走っていてこのもう少し先まで行けるようである。しかし、川から100~200m上を走ってして、実際車ごと川に落ちて全員死亡の事故が発生したと言っていた。あんな道なら誰がみても起こりそうである。ガードレールなんて何もない。
途中、ネパール軍の人達が爆破するので待っていろという。道路を作るために爆破をするのだが、爆破は軍の管轄のようだ。
PA070036.jpg
PA070038.jpg
PA070039.jpg
PA070042.jpg
何やら肉を分けていた

PA070043.jpg
こんな橋を何度も通ることになる

PA070046.jpg
爆破のため軍がでている

PA070048.jpg
道路工事のため爆破、十数発爆破した音がした

PA070052.jpg

橋を渡り少し行ったところがジャガット。ここでガイド同士が友達ということもあって、アメリカ人で今はタイのチェンマイに住んでいるジョンと一緒に行くことになる。彼はジョムソンまで行き、そこから飛行機でポカラに帰る予定である。
PA070064.jpg
PA070067.jpg
PA070072.jpg
PA070073.jpg
ドンキーと呼んでいたが、荷物を運ぶのに一杯通っている、そのため道には糞もいっぱい

10/8(Day3) 晴れ ジャガット(1300m)-バガルチャップ(2160m)

この辺からはまだ高い山は見ることができない。その代り緑が一杯で所々に大きな滝がある。時には道にも水が溢れ出している。ガイドのウメスさんは26歳で今経済を勉強しているという。英語はペラペラで日本語も少し分かる。3000mまでスリッパで登っていた。この頃のジョンはまだ元気だ。年は57歳だが結構歩くのも早い。彼は昔プロゴルファーでメジャータイトルも1回勝ったことがあると言っていた。現在はアジア地域のゴルフトーナメントのアドバイザーや企画をしている。
PA080074.jpg
川沿いをひたすら行く

PA080075.jpg
深い渓谷、水は豊富だ、もっと水力発電に使えばいいのに。カトマンドゥは毎日1~2h停電しているというのに

PA080076.jpg
大工さんだろうか、木を上と下で切っている全くのマニュアルである

PA080079.jpg
ガイドのウメスさん、英語はペラペラ、日本語も少しだけ話せる

PA080082.jpg
PA080083.jpg
PA080086.jpg
PA080098.jpg
PA080100.jpg

10/9(Day4) 曇り時々晴れ、夜雨 バガルチャップ(2160m)-チャーミー(2670m)

宿を出発して何故か鶏の話になった。冗談で今日のお昼は鶏だなんて話していた。お昼を食べにレストラン(日本でいうレストランでは決してない)に入ったら、鶏が数羽いてガイドがオーナーと交渉して1800Rsで購入、料理に時間はかかったが、6人で美味しく頂いた。冗談かと思っていた。
天気は徐々に悪くなり夜は雨に。
PA090117.jpg
マニ車はいたるところにある、マニ車を一回回すと一回お経を唱えたことになる、右手で回すのが作法

PA090120.jpg
PA090121.jpg
PA090130.jpg
この鶏が料理された

PA090139.jpg
PA090141.jpg
ところどころにチェックポストがあり、TIMESなどの許可証がチェックされる

PA090145.jpg
右が本日の宿(これでもホテルと書いてある)

10/10(Day5) 曇り時々晴れ、夜雨 チャーミー(2670m)-ピサン(3200m)

この辺りから山の風景が少しづつ変わってくる。まだ高い山は見えないものの前衛峰が現れ始めてきた。スノボのハーフパイプを思わせるような山の一面もある。天気は徐々に良くなってきたが雲はまだ多い。ピサンまで来るとアンナプルナも見え始めるというが雲で何も見えない。宿は一軒ごと貸切る団体さんもいて一杯らしい。今日からジョンと一緒の部屋となった。
PA100146.jpg
ジョン、ジャガットからジョムソンまで一緒に行動した、彼はジョークがうまい

PA100148.jpg
雨上がりの後の幻想的な風景

PA100153.jpg
PA100156.jpg
PA100158.jpg
PA100159.jpg
PA100160.jpg
PA100169.jpg
PA100171.jpg
PA100176.jpg
PA100188.jpg
PA100194.jpg
PA100197.jpg
PA100199.jpg




関連記事
スポンサーサイト

Newer Entryランタン トレッキング(3/3) in ネパール

Older Entryアンナプルナトレッキング(2/4) in ネパール

 

Comments

Leave a comment







1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
> < 08

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。