登山記録 by 児玉

登山、沢登り、山スキー、クライミング、アイスクライミングなどの国内・海外の自分の記録

Sort by 12 2013

Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: カナダ  

ハフナークリーク - 3

2013-12-25 Haffner Creek
メンバー:栗原、児玉

アイスを登った後、
Half a Gronk M5+ 15m
Californication M7- 15m
をやるがトップロープで疲れてしまいリードできず。栗原さんはCalifornication 1本のみだがリードOK!

PC250001-1.jpgPC250003-1.jpg
PC250005-1.jpgPC250010-1.jpg
PC250011-1.jpg
スポンサーサイト
Category: カナダ  

ノーケイスキー場 2

2013-12-24 Norquay
メンバー:深田、児玉

今日もスキー場でテレマークの練習。千春君の奥さんに会い、彼がテレマークをしていて怪我をしたことを聞いた。奥さんも先シーズン末に始めたばかりなのだが自分より上手い。
PC240005-1.jpgPC240009-1.jpg
PC240010-1.jpgPC240012-1.jpg
PC240017-1.jpg

Category: カナダ  

ハフナークリーク - 2

2013-12-22 Haffner Creek
メンバー:栗原、堀口、児玉

ハフナーで簡単なアイスとミックスの練習。
PC220001-1.jpgPC220002-1.jpg
PC220003-1.jpgPC220005-1.jpg

Category: カナダ  

ノーケイスキー場1

2013-12-20 Norquay
メンバー:深田、児玉

バンフのそばにあるノーケイスキー場。こんなに近くていいのか、という位近い。今年は平日パスを買ったので何回か行くと思う。今シーズン初なので簡単な斜面から滑り、最後はコブへ。途中のり子さんに会い一緒に滑る。
PC200005-1.jpgPC200017-1_20140303035303178.jpg
PC200020-1.jpgPC200023-1.jpg

Category: カナダ  

クロスカントリースキー体験

2013-12-17 クロスカントリースキー at ノルディックセンター

カナダではクロスカントリースキーが人気がある。キャンモアにはノルディックセンターがあるし、普通のトレイルをクロスカントリースキーで歩く人もいる。種類は2種類あるらしく、クラシックとスケーティング。クラシックは板の裏にウロコがあり前後に歩いてゆく。スケーティングはエッジを利用してスケーティングする。初心者はクラシックの方が簡単なのだそうだ。
今回初めてクロスカントリースキーを体験してみた。場所は近くにあるノルディックセンター。板・ポール・シューズを借り、コース使用料を払いいざ出発。なかなかうまくスピードがでない。スケーティングの人にどんどん追い抜かれてしまう。なかなか難しいもんである。もうすぐクリスマスシーズンだ。
PC170005-1.jpgPC170007-1_201403020444553a1.jpg
PC170008-1.jpgPC170012-1.jpg
PC170013-1.jpgPC170015-1.jpg

Category: カナダ  

ムーンライト 110m WI4

2013-12-15 Moonlight 110m III, WI 4
メンバー:栗原、児玉

ムーンライトは今シーズン2度目、前回はビショビショになったが今回は多少濡れるものの全然ましになっていた。ここはいつ来ても楽しい。前回は2ピッチ目をリードしたので今回は1ピッチ目をリードさせてもらった。
カルガリーに近いせいもあっていつも誰か登っている。

PC150010-1.jpgPC150012-1.jpg
PC150014-1.jpgPC150017-1.jpg

Category: カナダ  

ジャンクヤード

2013-12-14 Junkyard WI2〜3
メンバー:栗原、児玉

本当はハフナークリークに行ったのだが、自分がハーネスを忘れてしまったのでハーネスを取りに帰り、キャンモアのジャンクヤードにきた。初めてのジャンクヤードなので自分は良かったが栗原さんには悪いことをした。
ジャンクヤードはキャンモアにありダウンタウンから車で5分のところ超便利。初心者・シーズン初めに丁度いい練習場である。いつも講習会などをやっているようだ。

PC140003-1.jpgPC140004-1.jpgPC140006-1.jpg

Category: カナダ  

クレバスレスキュー

2013-12-12 クレバスレスキュー
講師:秋山氏(オンサイト・カナダ代表)

秋山氏がキャンモア・バンフエリアの人にクレバスレスキュー勉強会を開いてくれたので参加した。
3人での氷河歩きを想定した自己脱出から1/2システムでの引上げによる方法について、一度説明を受けグループで実践してみる。
日本では、1/3システムがレスキューの基本だが、こちらはクレバスレスキューで3人以上のグループが通常なので意識があることを前提としている。
先頭者が落ちたという想定で、2番目の人が自己脱出してガルダーヒッチを使った引上げシステムを作り、3番目の人が2番目の人が引上げシステムを作るまで落ちた人の荷重を引きうける。
知っていることであるが、毎年やっていないと忘れてしまっていることばかりであった。

オンサイト・カナダ代表の秋山氏には感謝を申し上げたい。

PC120018-1.jpgPC120020-1.jpg
PC120023-1.jpgPC120026-1_20140302023113beb.jpg
PC120033-1.jpgPC120034-1.jpg

Category: カナダ  

ボージョーライト 310m WI4R

Bourgeau Right-Hand, 310m IV WI4R
メンバー:谷、児玉

今シーズンは20年に一度というくらいボージョーライトの氷の状態が良いというので登りに行った。通常グレードにRが付くと氷が薄かったり、雪と氷の中間だったりと2グレードも上がることがある。しかし今回はRが付かないほど良い状態であった。噂を聞いて多くの人が登っているらしく最初の2ピッチは穴ぼこが一杯あった。
今回は雪崩のハザードが高く、雪が降り始めで風が強い。そのため最初はチリ雪崩が凄かった。
PC110025-1.jpg

Category: カナダ  

マーブルキャニオン トクンポール

2013-12-02 Marble Canyon, Tokkum Pole, 40m WI 5+
メンバー:パトリック、児玉

雪崩のハザードが高いのでまだ行ったことのないマーブルキャニオンに行った。ここは上の遊歩道から川底に降りてから登るスタイルだ。しかし、まだちょっと早すぎたのかあまり氷が発達していなく、川底も凍っていない様子。唯一登れそうなのがトクンポールだけのようだ。しかし、降りてみると下の方はツララで一部つながっていないし、川底は十分に凍っていない。
PC020011-1.jpgPC020012-1.jpgPC020007-1.jpg

3
4
5
6
7
8
9
10
13
16
18
19
21
23
26
27
28
29
30
31
> < 12

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。