登山記録 by 児玉

登山、沢登り、山スキー、クライミング、アイスクライミングなどの国内・海外の自分の記録

Sort by 11 2012

Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: アルパインクライミング  

裏同心ルンゼ

メンバー:金澤、漆原、児玉

2:00太田-5:20駐車場6:00-7:30赤岳鉱泉-8:30F1取付き-10:00終了点-10:30大同心稜-11:20小同心取付12:00-13:00赤岳鉱泉13:30-14:30駐車場

中山尾根に続き今回も前日全国的に雨でこの日も冬型となった。美濃戸山荘までは雪はないが一部坂道が凍っていてちょっとヤバかった。しかし山にはこの時期としては雪が多かった。
今回は裏同心を登り、状況が良ければ小同心を登る予定であったが、小同心は雪に覆われホールドは氷でコーティングされていてダブルアックスの世界で少し登ってみたものの登攀を取りやめた。

赤岳鉱泉のアイスキャンディはまだあまり凍っていなくこんな状態。
PB270011-1.jpg

裏同心へはしっかりトレースされていた。F1はちょっと薄いところがあったが登れるレベル。準備をしていたら1パーティ上がってきた。
F1:薄いがロープは必要と感じずフリーで越える。
PB270064-1.jpg

F2:ここはまずまず凍っている。3段になっているが傾斜が緩いのでここもフリーで越える。
PB270071-1.jpgPB270074-1.jpg

F3:ちょっと薄めではあるが十分登れるレベル。ちょっと高さがありロープを出す。
PB270028-1.jpgPB270084-1.jpg

F4:傾斜が緩くコンテ。
PB270032-1.jpg

F5:高さはないがここはロープを出す。
PB270034-1.jpgPB270037-1.jpg
PB270091-1.jpg

大同心稜に出て小同心の取付きに向かう。ちょっとラッセルあり。やはり稜線に出ると風があり寒い。小同心は白くなり雪が被っている。ホールドは氷でコーティングされていていやらしい。金澤君が少し登ってみるもダブルアックスでないと登れない状況で登攀を断念。
PB270102-1.jpg

寒いので速攻、大同心稜に戻り、赤岳鉱泉に下った。降りたら天気は良くなってきた。
PB270048-1.jpgPB270057-1.jpg

スポンサーサイト
Category: アルパインクライミング  

八ヶ岳 中山尾根

メンバー:金澤、漆原、児玉

5:40駐車場-7:40小屋-9:30取付き10:00-14:20終了点-15:45小屋-18:00駐車場

前日に全国的に雨が降って冬型になったためか、11月のこの時期にしては非常に寒く雪の量も多く、12月と言ってもおかしくない状況となった。アイゼントレーニングではなく本番となってしまった。とはいえ、朝は非常に寒く手がかじかんで痛いほどだったが、お昼頃は風は強かったが真冬ほどの冷たさではなくなり終了点に着いたら晴れてきた。
取付きには既に1パーティが登り初めており、通常のルートの右側のフィックスがあるところを登っていた。自分らの後ろにも1パーティがいた。
金澤君はアイゼンを間違え両方とも同じ側のものを持ってきてしまった。前爪の長さも違うのでリードは諦めた。
46217.jpg

1P児玉:ホールドは雪に覆われていて滑りやすい。直登はやめて凹角から行く。バイルも使って登る。ホールドが分からないので雪を落とすがそれだけでも疲れてしまう。結構時間が掛かった。
62238.jpg306806.jpg
PB180010-1.jpgPB180014-1.jpg

2P児玉:直上するのは難しいので左からトラバースしていくが、ホールドに乏しく先にある木を利用して登る。その上の草付もバイルを使う。
559309.jpgPB180017-1.jpg

中間:コンテで上の岩壁まで行く。

3P漆原:先行パーティは左の方のルートを登っている。我々はガイド本通りに行く。登り始めて直ぐのところの垂壁が非常に厭らしい。ここは右と左を選べるのだが右を選んだのが間違いだったか、セカンドでも難しい。当然A0で対処。その上の凹角の方が全然簡単。
左から回り込んだところに先行パーティが登っていて、後ろからのパーティもいた。後ろのパーティも先行パーティと同じルートを登っていた。
PB180019-1.jpgPB180021-1.jpg
PB180023-1.jpgPB180024-1.jpg
PB180028-1.jpg

4P:簡単なルートを50m一杯伸ばす。
PB180031-1.jpgPB180032-1.jpg

5P:稜線までのトラバース
PB180037-1.jpgPB180038-1.jpg

稜線に着くと徐々に日差しが出てきて晴れてきた。速攻下山した。
PB180041-1.jpgPB180043-1.jpg
PB180046-1.jpgPB180051-1.jpg
PB180052-1.jpgPB180059-1.jpg

Category: アルパインクライミング  

獅子岩南壁

メンバー:武井、島田、漆原、遠藤、児玉

武井さんと黒岩に行こうと約束していたが、漆原/遠藤組が獅子岩に行くというので変更して獅子岩に行くことにした。クライミングは武井・漆原、島田・遠藤・児玉に分かれた。前者はツブベで、我々は自分が全リード。島田さんはちょっと遅れ、セカンドのビレイを始めようというときに到着してギリギリ間に合った。自分らの後ろにもう1パーティきた。

1P目:通常の2ピッチを通しで登る。前半はスラブを右上し、後半は左に出てその上の立ってきて徐々にいやらしくなってくるところを登る。でも今日は天気が良く、壁も十分乾いているので快適である。
PB100008-1.jpg

2P目:ここは刻んで左上してワイドクラック気味のところを乗超す。
PB100011-1.jpgPB100013-1.jpg
PB100018-1.jpg

3P目:多分核心ピッチ。少しホールドが細かいところがある。
IMG_1215-1.jpgPB100026-1.jpgPB100033-1.jpg

4P目:ここも2ピッチ繋いだ。左に小トラバースして途中スラブを超え、最後立ってきて乗越す。
PB100022-1.jpg

セカンドの2人もまずまずの速さで登ってくる。一部A0などやっている人がいたようだが。
1
2
3
4
5
6
7
8
9
11
12
13
14
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
28
29
30
> < 11

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。