登山記録 by 児玉

登山、沢登り、山スキー、クライミング、アイスクライミングなどの国内・海外の自分の記録

Sort by 08 2012

Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: アルパインクライミング  

チンネ左稜線+Dフェース/八ツ峰主稜上半部縦走

8/22-8/25
メンバー:金澤、漆原、新井、児玉

8/22:黒部ダム-ハシゴ段乗越-真砂沢-某岩場
8/23:チンネ左稜線
8/24:八ツ峰Ⅵ峰Dフェース富山大ルート+八ツ峰主稜上半部縦走、真砂沢へ移動
8/25:真砂沢-ハシゴ段乗越-黒部ダム

四日間天気が良く、非常に充実した山行になった。チンネは遠いので今度は何年先に行けるのだろうか。

8/22 晴れ
3:00太田-6:00扇沢7:30-7:45黒部ダム-13:20真砂沢-17:10某岩場

扇沢始発7:30のバスに乗り黒部ダムへ。漆原、新井ペアは室堂経由のためしばしのお別れ。我々はダムの下に降りて黒部川の横を歩く。水は小川から取れるし、内蔵助平でも取れるので困らない。しかし、ハシゴ段乗越への登りは重荷と好天のため暑く辛い。
真砂沢ロッジで室堂隊と落ち合う予定であったがまだ来ていないので長次郎の出合へ向かうと直ぐに向こうから二人が来るのが見えた。長次郎谷の長い辛い登りが続いた。某岩場には1張のみ。
P8220003-1.jpgP8220006-1.jpg
P8220016-1.jpg

8/23 快晴のち曇り
5:10某岩場-5:55池ノ谷乗越-6:30三ノ窓-7:20チンネ2P目取付き-12:05終了点-15:00待ち-16:10池ノ谷乗越-17:00某岩場

まずは池ノ谷乗越へ雪渓を登るがすぐ手前で切れてシュルンドを超える。池ノ谷ガリーは以前の時は怖かったが今回は楽しく降りることができた。久しぶりの三ノ窓からチンネ取付きが見える。取付きは雪渓があり切れていて回り込んで2P目からのスタートとなる。
P8230023-1.jpgP8230026-1.jpg
P8230030-1.jpgP8230038-1.jpg

児玉・新井、金澤・漆原で組んで登る。初めは短めに切って登るが、ピナクルの手前で分からなくなりルートを確認する。快適な登りのあと簡単なリッジとなる。次のピッチはⅡ・Ⅲ級なので新井君にリードをしてもらう。
金澤・漆原組はピナクルを通らずルンゼを詰めて来た。
ピナクルの連立するリッジを越え核心となる。しかし一向に後ろのチームは来ない。核心は一杯ハーケンが打ってありホールドもしっかりしていて問題ない。以前はなかったスリングも垂れている。ようやく後ろのチームが見えたが、この核心前のピナクル群が彼らの核心になってしまったようだ。
その後、快適なリッジが続き気持ちの良いクライミングができた。しかし、周りはガスが掛かり何も見えなくなってしまった。12時過ぎに終了点に到着。何と後ろのチームが来るのに3時間程待つことになった。
原因はいくつかあるようだが、ピナクル群のところで踏み跡がある下の方に行ってしまったこと。荷物が少し重かったこと。ロープ自体が流れが悪く重かったこと、などがあったようだ。やはり初めてのところは難しいものだ。とにかく無事で良かった。
P8230041-1.jpgP8230046-1.jpg
P8230049-1.jpgP8230052-1.jpg
P8230058-1.jpg

下降はコルまで降りて50m池ノ谷ガリー側に懸垂で降り、ガリーを登り返す。乗越からも雪渓の下りで一部ロープをだした。充実した一日となった。

5/24 快晴のち曇り
5:45某岩場-6:10富山大ルート取付き-10:30終了点-12:20八ツ峰の頭頂上-13:40某岩場14:40-15:30真砂

Dフェースまでは雪渓を少し登りトラバースして切れた雪渓をうまく抜け取付くことができた。少しかぶったようなところから登り、2P目が良く分からない。ちょっと右の方のフェースに行ってしまった。一旦懸垂で1P目終了点まで降りて、金澤・漆原組の後を行く。快適な登りが続くが3P目が核心となる。バンドが出てきて3P目が終了したようだがどこが核心だったか分からない。ルートを間違った気がしないのだが。。
4P目以降は快適なリッジ登りで楽しめる。
P8240079-1.jpgP8240081-1.jpg
P8240086-1.jpgP8240092-1.jpg
P8240101-1.jpg394544_346041898816201_1010130667_n.jpg

時間的にもう1ピッチ剣稜会を登るのは遅くなるし劔岳本峰を登るのも同様なので、八ツ峰主稜上半部を縦走することにする。まずはクライムダウンできそうなところを懸垂で20m降り、六峰の頭も20m懸垂。間違えてⅦ峰はトラバースして頂上に行かずⅧ峰を登る。立っているが快適に登れる。Ⅷ峰からちょっと変な懸垂をしてⅧ峰の頭とのコルからまた登り返すとⅧ峰の頭。下りは2回の懸垂で池ノ谷乗越へ、そして昨日通った雪渓を降りた。
そして真砂まで降り天泊。
P8240111-1.jpgP8240119-1.jpg
P8240127-1.jpg

8/25 晴れ
6:30真砂-11:40黒部ダム

今日はハシゴ段乗越を登り黒部ダムに帰るのみ。
スポンサーサイト
Category: ロッククライミング  

小川山-セレクション

8/17 曇り後雨
メンバー:久保田、児玉

小川山のセレクションは良いルートだ。時々雷が聞こえていたが最終ピッチに上がったら雨が降ってきた。でも直ぐに雨はやんでしまった。だが車での帰り道、これでもかという土砂降りと雷・稲光。恐ろしかった。

P8170003-1.jpg P8170009-1.jpg
P8170012-1.jpg

Category: 登山  

雲ノ平

8/7-11
メンバー:山田、児玉

久々に七倉から雲ノ平、高天原温泉へハイキング。たまには良いものだ。

8/7 七倉-烏帽子
8/8 烏帽子-野口五郎-雲ノ平
8/9 雲ノ平-高天原温泉
8/10 雲ノ平-水晶岳-赤牛岳-奥黒部
8/11 奥黒部-船窪-七倉

8/7 快晴
4:00太田-7:20七倉-8:50高瀬ダム-14:20烏帽子小屋

七倉から高瀬ダムまで車道歩き。ダムからトンネルを通り河原にでて水を3.5L汲んで急登のブナ立尾根を登る。木立のおかげで直射日光が当たらないないのが幸いするが登りの連続は辛い。烏帽子小屋のキャンプ地で泊まる。あてにしていた水はここの所雨がないので取れなく、念のため小屋で1Lだけ購入(\200)。
P8070005-1.jpg P8070011-1.jpg
P8070014-1.jpg P8070022-1.jpg
P8070037-1.jpg

8/8 快晴
5:00烏帽子-7:45野口五郎小屋-8:10野口五郎岳-10:15東沢乗越-11:10水晶小屋-12:15岩苔乗越-13:30祖父岳-14:20雲ノ平

昨日に比べ登りが少ないせいか楽に感じる。幾つかのピークはあるが大体はトラバースして行く。当初の予想に反し今日も天気が良い。雲は下にあり下は曇りらしい。槍、燕岳、水晶、赤牛も良く見える。
野口五郎小屋には残雪がなく、雨も降っていないので小屋でも500mLしか購入できない。自分は2.5Lあり購入せず。水晶小屋から下りとなる。
P8080041-1.jpg P8080063-1.jpg
P8080069-1.jpg P8080074-1.jpg
P8080082-1.jpg P8080116-1.jpg

岩苔乗越から3分程下がると沢から水が取れる。祖父岳を通り雲ノ平に向かうが何か凄く遠回りして行く。それにしても日差しが暑い。しかも午後6時まで。
P8080127-1.jpg P8080157-1.jpg

8/9 快晴

6:00雲ノ平-8:00高天原温泉12:00-15:00雲ノ平

今日は高天原温泉へ行って体を癒す。結構な急坂を下りトラバースすると高天原小屋へ。そこから15分程で河原の温泉がある。無料で男女別の風呂と小さな露天風呂がある。まだ誰も来ていないので小さな露天風呂に入る。風呂は3人で一杯くらいの大きさで囲いはない。1時間半のんびり入る。次いで男風呂に入る。こちらは温めで少しだけ広い。結局途中昼飯を食いながら合計4時間風呂に入ってしまった。来た道をまたのんびり戻る。
P8090168-1.jpg P8090172-1.jpg
P8090175-1.jpg P8090181-1.jpg
P8090183-1.jpg

8/10 晴れ
4:00雲ノ平-6:50水晶小屋-7:30水晶岳-11:00赤牛岳-15:30奥黒部

雲ノ平からまた水晶小屋まで同じ道を戻り読売新道を行く。途中岩苔乗越で水を汲むが、奥黒部小屋まで行くことができるか分からないので、5Lの水を持って行く。水晶岳まではそんなに暑くないので助かったが、さすがに水を5L持つと背筋に効く。
0810-1.jpg 0810-2.jpg
P8100195-1.jpg

小さな山を越えたりトラバースするが大抵ペイントなど印があり慎重に行けば迷うことはまずないだろう。しかしこのペイントがないとかなり迷ってしまう。赤牛までは近くに見えるが意外と長い。
P8100201-1.jpg P8100202-1.jpg

赤牛岳からの下りがガレていてちょっと嫌な感じだ。目印やロープがあり間違うことはないが崩壊が激しい。落ちたら終わりである。崩壊地が結構長いが、その後樹林帯となり景色が見えなくなる。そして細い沢に水がないような下りが続き長い。うんざりした頃に普通の登山道みたいな道になるがところどころ木の根がボコボコ出てくる。下りに飽きてきたころまた急な下りとなる。長い長い下りを降りるとようやく奥黒部小屋に到着した。何とか到着することができた。結局水が3L余分だった。奥黒部小屋は風呂がある(\500)。
P8100207-1.jpg 0810-3.jpg
P8100208-1.jpg

8/11 曇り
4:00奥黒部-6:00避難小屋-9:20針ノ木分岐点-12:30船窪-16:15七倉

手作りの梯子や階段が続く。かなり高い所を通っているようだがまだ暗くてよく見えない。見えていたら余計に怖そうなところである。明るくなったころは8割方危ない所は終わってしまっていた。避難小屋を通り河原に降りて行く。ここから渡渉を10回程するが面倒なので靴のまま渡ってしまう。目印が一杯あり助かる。一か所かなり長い高巻を巻き針ノ木との分岐となる。人は殆どいないが整備の人とガイド山行のグループに合った。
0811-1.jpg 0811-2.jpg
0811-3.jpg

針ノ木との分岐から急登となる。荷物も大分軽くなって曇りなのでまだ良いが、足の疲れが出てきてちょっと辛い。船窪乗越に来ると山の崩壊が激しい上の登山道にでる。登山道ごと崩壊してしまうのではないかと心配なくらい登山道のそばまで崩壊して崖となっている。所々登山道も崩壊して新しい踏み跡のところもある。あまり来たくないところである。
本当は船窪のテント場で泊まる予定であったが、今日大分予定時間より早かったこと、明日雨の予報であることから七倉に下ることにした。船窪小屋に着くと鐘がなり小屋の女将さんらしき人がお茶を出してくれた。残念ながらここで泊まらないので心苦しいが良い人である。小屋も新しく綺麗だ。
休憩してお礼を言って長い下りを降りる。七倉山荘は綺麗になっていてお風呂も新しい。
0811-4.jpg 0811-5.jpg
0811-6.jpg 0811-7.jpg

Category: アルパインクライミング  

鋸岳

8/3 晴れ
メンバー:漆原、児玉

4:00戸台駐車場-5:45角兵衛沢出合-9:00角兵衛沢のコル-9:30第一高点-10:00鹿の窓-11:45大ギャップのコル-12:30第三高点-13:00中ノ川乗越-14:50熊穴沢出合-16:30戸台駐車場

日程が1日ということで甲斐駒は行かず角兵衛沢から登り、熊穴沢を降りてくるコースを行った。また、冬を想定して鹿の窓から降りず大ギャップを経由して行ってみた。このことがちょっと失敗だったが良い情報を得た。

前日に駐車場の車の中で就寝。登山に時間が掛かるためちょっと早めの4時出発。初めはひたすら河原歩きとなる。角兵衛沢の出合から角兵衛沢を詰める。ガレ場の登りは第二の核心とも言える。助かったのはまだ太陽の日差しがあたらず涼しかったことだ。途中、大岩小屋で水を取る。
P8030033-1.jpg

角兵衛沢のコルから第一高点へ。そして痩せ尾根を少し下ると小ギャップがある。真新しい鎖が両サイドにありロープの必要性を感じない。小ギャップをの反対に登り返して小尾根を乗越しトラバース気味に行くと直ぐに鹿の穴がある。
通常夏はこの穴を降り、その後トラバースして登り返すのだが、冬を想定して尾根から大ギャップを降りることにした。直ぐに大ギャップになるがここで懸垂下降となる。大ギャップのガレ場は急傾斜のためピンポイントで降りないと直ぐに崩れてしまう急傾斜のガレ場に降りることになる。そして懸垂で降りる高さも20mではなくなる。このことによりここで手間取ってしまったが、冬のための良い経験となった。
P8030039-1.jpg P8030049-1.jpg
P8030068-1.jpg
P8030084-1.jpg

ガレ場を下ると夏道である鹿の穴からのトラバースの踏み跡がありそこを登って行くと第三高点となる。頂上には剣が立っている。そこから中ノ川乗越へガレたルンゼを降りる。そこからまたガレた長い熊穴沢を下る。熊穴沢の出合からまた長い河原歩きとなり駐車場へと戻った。
P8030108-1.jpg P8030127-1.jpg
P8030135-1.jpg

1
2
4
5
6
8
9
10
11
12
13
14
15
16
18
19
20
21
23
24
25
26
27
28
29
30
31
> < 08

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。