登山記録 by 児玉

登山、沢登り、山スキー、クライミング、アイスクライミングなどの国内・海外の自分の記録

Sort by 05 2012

Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: アルパインクライミング  

一ノ倉中央稜

5/29(火) 晴れのち時々雨
メンバー:金澤、漆原、入江、児玉

今年初の一ノ倉でのクライミング。入江君は一ノ倉デビュー。6/30からマイカー規制だと思っていたら6/30まで工事中のためゲートが閉まっていた。がっかり!
クライミング自体は割と順調に登攀することができた。気がかりだった天候も取付きに戻ってきたところで小雨。テールリッジは所々ロープを出したが雨も小雨でテールリッジを降りるころには上がっていた。

4:40駐車場-5:20一ノ倉沢出合-6:40中央稜取付き-9:50終了点-12:00取付き-13:40出合-14:40駐車場

P5290695-1.jpg P5290701-1.jpg
P5290702-1.jpg P5290706-1.jpg

自分と入江君、金澤君と漆原君が組んで出発。
1~4ピッチは自分がリード。核心を超えた5ピッチ目から入江君とつぶべにした。入江君も先週獅子岩に行ってマルチはやっていたので特にロープワークも登りも問題なし。浮石も慎重にチェックしていた。
しかし、後ろのパーティが徐々に離れて行ったのが気にかかった。

P5290709-1.jpg P5290719-1.jpg
P5290720-1.jpg P5290722-1.jpg
P5290726-1.jpg P5290729-1.jpg


スポンサーサイト
Category: アルパインクライミング  

小同心、中山尾根

5/23,24
メンバー:漆原、児玉

懸念していた天気も恵まれ両日とも朝は快晴。徐々に雲はでてきたものの雨は降らず絶好のクライミング日よりとなった。
今回は冬の山行を想定してアイゼンを履いて登攀する。自分は手袋もして登った。

5/23(水) 晴れのち曇り
3:30自宅-7:30赤岳山荘-9:00赤岳鉱泉-12:40小同心取付き-14:30終了点-15:10横岳頂上-16:20硫黄岳-15:25赤岳鉱泉
P5230692-1.jpg

5/24(木) 晴れのち曇り
6:00赤岳鉱泉-7:50中山尾根取付き-11:20終了点(縦走路)-12:45赤岳鉱泉-14:30赤岳山荘-18:00自宅


5/23
赤岳鉱泉にテントを張り小同心の取付きへ。大同心からのトラバースからの登りに雪があり時間が掛かってしまった。既に疲れは頂点になっていてもう帰ってもいいくらい煮詰まってしまった。

小同心クラック
ビレイ点にはハンガーが設置されており安心。以前の1ピッチの中間にもビレイ点があり短めに切れるようになっていた。それ以外ランニングを撮れるところは少ないので気休めに岩にスリングを掛けるなどをする。カムは持って行ったが使用せず。

1ピッチ目:漆原
右上してクラックに入り傾斜が増す、一部乗越しあり。登り自体は簡単なのだが、岩が脆そうで土に石をめり込ませた感じなのでそれが怖い。
P5230714-1.jpg P5230043_convert_20120527102524.jpg


2ピッチ目:児玉
漆原君がちょっと短めに切ったのでその上のテラスに上がり、チムニーを登る。結構立っていて1ピッチ目同様岩が信じられない。上の小テラスでロープの流れが悪いので切る。
P5230046+(1)_convert_20120527102710.jpg P5230715-1.jpg

3ピッチ目:漆原
岩がせり出した所を乗超すと後は簡単な登りで終了点に着く。漆原君は右から窮屈なところを登ったが、岩が落ちないと思えば左からの方が楽に乗超すことができた。
P5230716-1.jpg P5230723-1.jpg

コンテで横岳頂上まで行く。横岳から硫黄経由で赤岳鉱泉へ帰るが、硫黄の下りが雪の状態が悪く時間がかかり疲れ果ててしまった。
P5230730-1.jpg

夕食:カレーとウインナー


5/24
赤岳鉱泉から中山尾根の取付きへ。

中山尾根
ビレイ点にハンガーがあり安心。ランニングはハーケンなのでカムも使用した。

1ピッチ目:児玉
取付き正面にハンガーがあり正面を登る。登りだしの岩は比較的安定していて冬に比べると全然楽ちん。凹角は手掛かりが少ないうえ、岩がボロボロなのでこちらからの方が楽か??またハンガーが何か所かあり割と安心して登れる。
P5240051_convert_20120527102904.jpg

2ピッチ目:漆原
凹角状を登る。短いが一手のみ微妙でⅢ+かⅣ-級程度ある感じ。
P5240749-1.jpg

コンテで行くと次の壁が現れる。
3ピッチ目:漆原
漆原君が登りたいというので譲る。凹角状を登るが、7m程登ったところで左右に分かれる。左はハンガーが打ってあるが手は少なそう。右はハーケンだがホールドはある。右から超えると小テラスがあり、左に垂直な凹角がある。ちょっと勇気がいるが、チムニーちっくなので落ちる気はしない。
P5240751-1.jpg

コンテでしばらく行くとちょっとした登りがあり一応スタカットで3ピッチ行くと最後のトラバースのところに出た。もう1ピッチトラバースをして縦走路に出て終了。
P5240765-1.jpg

地蔵尾根を降りて赤岳鉱泉へ。テントを撤収して赤岳山荘の駐車場へ戻った。
Category: ロッククライミング  

黒岩

5/20晴れ
メンバー:鹿山、倉沢、遠藤、入江、新井、児玉

倉沢君のリハビリでノンビリなクライミング。昨日の長いクライミング後なのでちょうどいい。
何年振りだろうかイプシロン下部をトップロープでやってみるも全然ダメ。
P5200052-1.jpg P5200057-1.jpg


岳友会5.9 RP
夏子5.8 RP
柿泥棒10b TR
鶴11b TR
イプシロン下部10c TRでNG
Category: ロッククライミング  

獅子岩のち黒岩

5/19(土)晴れ
メンバー:松嶋、入江、小川、児玉

今年初の獅子岩。朝早くから登りお昼すぎには黒岩に向かいました。
小川・入江、松嶋・児玉で組んでクライミング。天気も良く快適なクライミングができた。

P5190004-1.jpg P5190020-1.jpg
P5190022-1.jpg P5190030-1.jpg
P5190041-1.jpg

黒岩では今関君と合流し、入江・今関君が柿泥棒(10b)をRP!
P5190043-1.jpg P5190048-1.jpg

柿泥棒10b RP
アルカディア10b TR

Category: 未分類  

田植え

5/12-15
移動日は天気が良くないが、田植えの時は悪くはなく無事終了。今だに手押し式の田植え機です。
日本の農業に疑問を持ってしまいます。一軒一軒機械を持たなければならないのは非合理的過ぎる。種まき機、田植え機、トラクター、コンバイン、乾燥機など。狭い日本で今のままじゃ全部機械の費用になるだけである。要は農協と機械メーカーしか儲からない仕組み。これでは日本の農業が潰れてしまうのは目に見えている。なにせコメの値段は米国は1/8、中国は1/10である。
P5140012-1.jpg P5140021-1.jpg

Category: ロッククライミング  

小川山(5/5-6)

5/5-6小川山
メンバー:原口、入江、富岡、小川(5/6のみ)、児玉

5/5(土) 晴れ
6時過ぎに自宅出発。途中、スーパーで買い出しして10時頃到着。
父岩へ。川は増水して靴を脱いで渡渉、雪解けのためかなり冷たい。
今日はまだ疲れが残っているし、今年初めての小川山なので全部TP。でも苦手なフェース/スラブなのでちょっと難しい感じ。入江君は小川山ストーリーをリードするも1テンで惜しかった。
最後に兄岩に行きタジヤンⅣで閉め。
P5050632-1.jpg P5050644-1.jpg
P5050649-1.jpg

小川山ストリート(5.9) TP
小川山ストーリー(5.9) TP
タジヤンⅣ(10a) TP

テント場に戻ると風でテントが飛ばされ川の中に引っかかっていた。寝袋や上着などが水に濡れてしまった。薪を持ってきていたのでその後かなり乾いた。
酒を飲みながらおいしい鍋を味わった。
P5050663-1.jpg P5050664-1.jpg
P5050666-1.jpg

5/6(日)曇り→雨/雹→曇り/雨
朝は青空も広がっていたが、セレクションに行くと雨が降ってきた。初めは大したことはなかったが徐々に本格的に降って最後は雹も降ってきたのでしょうがなく帰ることに。
小雨の中、セレクションの1P目のクラックをやる。他の人はその右面の難しそうなスラブをやっている。

セレクション1P目(5.8?)

P5060673-1.jpg
朝のエキソサイス
P5060700-1.jpg
1
2
3
4
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
17
18
21
22
24
25
26
27
28
30
31
> < 05

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。