登山記録 by 児玉

登山、沢登り、山スキー、クライミング、アイスクライミングなどの国内・海外の自分の記録

Sort by 04 2012

Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: アルパインクライミング  

前穂北尾根

4/28~30
メンバー:金澤、原、児玉

前穂北尾根のクライミングは天気は最高で風もなく雪の状態もまずまずで最高のクライミング日和となった。しかし核心は前穂~奥穂までの吊り尾根の長さであった。

4/28 上高地-涸沢
4/29 涸沢-5・6のコル-前穂高-吊り尾根-奥穂高-涸沢
4/30 涸沢-上高地

4/28 快晴
4:15太田-8:50上高地-11:30横尾-14:45涸沢

自分は軽量化をしたが、2人は酒につまみに軽量化なし。重荷を背負って上高地から涸沢へ。横尾までは平坦なので元気であったが、横尾からの登りでは足が上がらずバテバテ。ともあれテント場に着いて暖かい日差しの下、前祝で一杯。

P4280627-1.jpg P4280633-1.jpg
P4280645-1.jpg P4280656-1.jpg
P4280659-1.jpg P4280676-1.jpg
二泊でしたが一升でも不足。当然各自でも酒持参。

4/29 快晴
4:10涸沢-5:20五・六のコル-6:00五峰-6:40四峰-8:30三峰-9:05二峰-9:30前穂高本峰-12:50奥穂-13:30奥穂山荘-14:30涸沢

2:30起床し食事をして4:10に出発。既に出発した1パーティのライトが見える。まずは緩やかな斜面を暫く登り、五六のコルへの急斜面を登って行く。朝早いので息が切れる。後続のライトも見えてきた。五六のコルへは2番手で着いた。まずまずである。直ぐ後に外国人のガイドパーティがきた。1番手の2人パーティが出発しその後を我々が追いかける。流石にガイドの2人パティは早い。我々の直ぐ後に付いてくる。
五峰は雪のリッジを所々岩を交えて登って行く。最後はちょっと急な雪壁を登ると五峰の頂きにつながるリッジでる。
P4290678-1.jpg P4290685-1.jpg
P4290686-1.jpg P4290689-1.jpg

五峰から五四のコルに下り、四峰に登り始めると先行パティが順番を譲ってくれ我々が1番手になった。四峰は夏はガレていて三峰以上に嫌らしいというが雪があるとそれ程でもなくなる。
リッジ状というか雪壁というかを垂直の壁まで登り、そこを左へ乗越しバンドをトラバースしてちょっとしたところを乗越して雪壁を登る。
P4290705-1.jpg 149488.jpg
P4290720-1.jpg 416562.jpg

緩な斜面を降り三四のコルとなる。しかし既に1パーティが三峰を登っている。このコルにテントの跡があるのでここに泊まったと思われる。後で聞いたら慶応尾根を八峰から詰めてきたそうだ。
三峰は前穂の核心だ。ここでやっとロープを出す。初めの支点はショボイ。落ちたら終わりだ。
1ピッチ目:左にトラバース気味に上がり凹角を登る。支点もあるがカムを多めに使用した。大きなフレーク状の岩があり登りやすい。
P4290729-1.jpg P4290735-1.jpg

2ピッチ目:最初チョックストーンのあるチムニーを登ってみるが雪がスカスカなので諦め、右のチムニー状ルンゼを登る。その上の小ギャップを乗越し雪壁を詰める。
389199.jpg P4290737-1.jpg

3ピッチ目:頂上直下の岩のギャップを乗越すと三峰頂上となる。夏のピッチより長く取っているので3ピッチで終了となった。
P4290738-1.jpg
先行した3人組みパーティ

二峰はロープなしでリッジ状の雪壁を登る。
P4290747-1.jpg P4290764-1.jpg

前穂の本峰へは急な雪壁をダブルアックスで登る。
P4290762-1.jpg P4290768-1.jpg

前穂の頂上で一休みするも喜んではいられない。奥穂への吊り尾根の長さは圧倒されそうなくらい長い。まだ全然終わっていないのである。
319829.jpg
前穂頂上、バックは奥穂

前穂からの下りはかなり危険で滑ったら終わりだ、慎重に下る。まずは岳沢側を下りトラバースして吊り尾根に行く。
525788.jpg P4290779-1.jpg

途中で懸垂は1回行う。雪壁を何度登ったのだろうか。雪の状態は所々踏み抜くところもあるがまずまずで、気を抜けないところも当然多い。疲れているのでそれが一番の心配である。
P4290791-1.jpg P4290797-1.jpg
P4290806-1.jpg P4290816-1.jpg
P4290819-1.jpg P4290820-1.jpg
P4290829-1.jpg P4290832-1.jpg

3時間20分かかり前穂から奥穂に到着した。奥穂の頂上には涸沢岳西尾根から西穂に縦走する3人パーティがいた。疲れは頂点まできているがここまで来れば一安心である。奥穂山荘で休憩して涸沢をシリセードーを交えて下った。
P4290833-1.jpg P4290842-1.jpg
P4290844-1.jpg P4290849-1.jpg
P4290855-1.jpg P4290867-1.jpg
P4290878-1.jpg P4290880-1.jpg
P4290892-1.jpg

4/30 曇り
7:00涸沢-10:40上高地
スポンサーサイト
Category: 山スキー  

立山 山スキー

メンバー:原、児玉

4/23-25 雷鳥平ベースで山スキーに行ってきました。
4/23 扇沢-室堂-雷鳥平テント場
4/24 テント場-別山-雷鳥沢
4/25 テント場-一ノ越-山崎カール下部-一ノ越-東一ノ越-黒部ダム

4/23 雨
雨の中、扇沢から室堂へ、平日だが外国客の団体ツアーの人が一杯。
意を決して、雷鳥平へ向かう。テントは1張しかなかくどこでも張り放題だが、ずぶ濡れ状態。
シュラフに入っても何もかもが乾かずジメジメ。
問題が一つ発生。自分がガスを持ってくるのを忘れてしまった。原君が1個と半端を一つ持って来たのでどうなるか。。
濡れているので夜は寒くて殆ど眠れない。原君はぐっすりのようだ。
P4230628-1.jpg

4/24 晴れのち曇り

9:00テント場-10:30剣御前小屋-11:30別山-雷鳥沢滑走-13:00テント場

朝寒くて起きることができず1時間予定より遅くなる。天気は山の上の方は曇っているがまずまず。
今日は真砂沢を滑る予定で剣御前小屋経由で別山へ登り、真砂沢を滑って剣沢を登り返す予定であるが出発がかなり遅くなったのが気にかかる。

P4240631-1.jpg P4240634-1.jpg
P4240641-1.jpg P4240640-1.jpg
P4240644-1.jpg

他のパーティも一斉に登り始める。そんなに人は多くはないが小屋泊まりのパーティが多い。雷鳥沢横を登るパーティが多く、室堂乗越へも数人いる。少し硬めの斜面をひたすら御前小屋へ向かって登る。自分たちのテントが徐々に小さく下の方に見えるようになってゆく。それでも御前小屋へは一番乗りで、もう一人別山から雷鳥平へ滑る人がいる。
小屋からアイゼンを付け板を担いで行く。登っていると徐々にガスがでてきて別山についた頃には視界が30m足らずで真砂沢に行く気がしないし、今から降りるとテントに戻るのは5時頃になってしまう。安全策をとり御前小屋まで板をそのまま担いで降りて雷鳥沢を滑ることにした。
P4240658-1.jpg 456724_209771332472128_100003177882561_369931_67449652_o.jpg
469128_209771509138777_100003177882561_369935_363829697_o.jpg

雷鳥沢は滑りやすいのだが、ガスで視界が悪くあまり飛ばして降りるのは怖い。下の方は暖かく雪が緩んで非常に滑りづらい。時間が早いのでもう一度登り返してもいいのだが、この雪では滑る気にならない。早々にテントに戻って昨日濡れたものを干すことにした。テントは昨日よりも多くなり7張となっている。
十分干したおかげで今夜はぐっすり寝ることができた。
P4240675-1.jpg

4/25 快晴

7:30テント場-9:00一ノ越-山崎カール下部滑走-11:00一ノ越-11:40東一ノ越-たんぼ平-13:30黒部ダム

朝起きると天気は快晴。本当は昼間ずっと滑っていたいが、ガスがかかると帰りの東一ノ越のところが分かりづらいので、一ノ越まで荷物を持って行きデポをして、少し滑ってから帰ることにした。
まずは一ノ越まで重荷を背負って登る。室堂小屋から何パーティも登って行くのが見える。一ノ越で荷物を置き、トラバースして山崎カール下部を滑る。まだ早いので雪は硬いが自分にはちょうどいい斜面だ。適当なところで登り返すが既に気温が上がり暑い。
P4250691-1.jpg P4250722-1.jpg
P4250725-1.jpg

一ノ越から東一ノ越はちょっと分かりづらい。原君はちょっと下がり過ぎで登り返した。重荷でのトラバースは辛い。所々雪がなく歩かなければならない。東一ノ越で数人が休んでいる。自分らもこれからの滑りに備え休む。
ここからは急斜面をたんぼ平に滑り込んでロープウェーの下を通り林の斜面降りる。
初めは雪もまあまあで、重荷でなければなかなか楽しめそうだ。徐々に雪が重くなって曲がりづらくなってゆく。足の負担が大きいので休み休み滑ってロープウェーの停留所のそばへ。そこから林の斜面だ。木に当たらないよう慎重に降りる。足が疲れたところでダムの道にでた。
P4250742-1.jpg P4250750-1.jpg
P4250755-1.jpg 475780_209772335805361_100003177882561_369954_314292739_o.jpg

Category: 未分類  

種まき

田舎に帰って種まきの手伝い。
P4141665-1.jpg

Category: ロッククライミング  

黒岩(4/1)

4/1(日)晴れのち曇り
メンバー:多数

午前中は日差しがあり暖かったが午後から冷たい風と日差しがなくなり寒くなる。今シーズン初のため、のんびりスタート。
P4011660-1.jpg
P4011669-1.jpg

オケラ(TR)、夏子、学友会、チェス(TR)、アルカディア(TR)
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
15
16
17
18
19
20
21
22
24
25
26
27
28
30
> < 04

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。