登山記録 by 児玉

登山、沢登り、山スキー、クライミング、アイスクライミングなどの国内・海外の自分の記録

Sort by 12 2011

Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 山スキー  

前武尊スキー(敗退)

12/26 雪
メンバー:金澤、漆原、児玉

前武尊に山スキーに行くも、降ったばかりの大雪で胸ラッセル。とても前武尊まで行く気にならず途中敗退となる。

PC260396.jpg
PC261680-1.jpg
388523_206934962726896_100002311818536_432600_930305688_n.jpg

スポンサーサイト
Category: アイスクライミング  

広河原沢右俣・クリスマスルンゼ

12/20-22
メンバー:倉沢、児玉

12/20 太田-広河原-広河原沢右俣
12/21 クリスマスルンゼ
12/22 広河原ー太田

12/20 晴れ時々曇り
久しぶりの広河原、右俣と左俣の分岐でテントを設営する。
右俣を進み武藤返しの滝を見て先に進む。右俣は難しいアイスはないが気を付けないとちょっと嫌らしい。核心は最後に稜線に出るまでのところだろう。ノーロープなので緊張するところだ。
PC201682-1.jpg PC201685-1.jpg
PC201687-1.jpg PC201690-1.jpg
PC201693-1.jpg 20111226152035ae7.jpg
20111226152036f38.jpg 20111226152036f82.jpg
PC201703-1.jpg
PC201702-1.jpg PC201696-1.jpg
PC201709-1.jpg

12/21 晴れ時々曇り
垂直のアイスを2年ぶりに登る。クリスマスルンゼ1P目は倉沢君がリード。2P目を自分がリードした。凹角の易しそうなところを行ったが、かなり手に来た。ここは60mロープでトップロープで何度かやってみたかった。
次はポストクリスマスルンゼを見に行く。40mナメを登り行ってみると、とてもリードできないくらい薄い。時間切れで降りた。

クリスマスルンゼ 1P目
PC211711-1.jpg

クリスマスルンゼ 2P目
20111226152741013.jpg

ポストクリスマスルンゼへの40mナメ
2011122615203567d.jpg

ポストクリスマスルンゼ
PC211718-1.jpg


Category: アイスクライミング  

八ヶ岳準備山行2

12/14(水)-16(金)
メンバー:新井、児玉

新井君が準備山行に行けなかったので2人で準備山行に行く。2日目に予定していたジョーゴ沢のアイスは氷(F1、F2)が薄く3日目に予定していた裏同心ルンゼへ。3日目は天候が悪く下山となる。
2日目は行動が盛り沢山になり新井君をヘロヘロにさせてしまった。申し訳ない。

12/14 美濃戸-南沢小滝-赤岳鉱泉
12/15 赤岳鉱泉-硫黄岳-裏同心ルンゼ-赤岳鉱泉
12/16 赤岳鉱泉ー美濃戸

12/14(水) 晴れ
下道で美濃戸まで4時間。自分の車で奥の駐車場まで行くことができた。まずは南沢小滝で久しぶりのアイスの練習。昨年はアイスをやっていないので2年ぶりとなる。トップロープを張り練習する。氷は一部が何とかできる程度で全面氷結には至っていない。大滝の方はまだつらら状の塊でもう少しか。

南沢小滝
PC141679-1.jpg PC141680-1.jpg

南沢大滝
PC141684-1.jpg

また重荷を背負い行者小屋経由で赤岳鉱泉へ。途中、中山尾根を行ったという角田・石井さんらに会う。今回はテントは無事設営。

12/15(木) 晴れ
まずは硫黄岳へ。天気は良いが風が強い。稜線へ出る前に防寒装備をしっかりして頂上へ。
PC151694-1.jpg PC151695-1.jpg
PC151696-1.jpg PC151700-1.jpg
PC151701-1.jpg

下山してアイスクライミングの準備をしてジョーゴ沢へ行くも氷が薄い。水の流れが良く見える。F2も同様。右俣大滝もまだまだ。諦めて裏同心ルンゼを見に行く。結構アプローチが遠いのでちょっと遅いが登ってしまうことにした。氷は所々薄い所もあるがまずまず登れそうだ。

裏同心F1
PC151710-1.jpg

裏同心F2
PC151714-1.jpg PC151716-1.jpg

裏同心F3
PC151719-1.jpg

裏同心F4・F5
PC151720-1.jpg PC151722-1.jpg

裏同心F5
PC151730-1.jpg

新井君は南沢小滝も登れたので問題なく登ってきた。靴は借り物でサイズが合わないのでちょっと大変そうだった。しかし、シャリバテで最後はヘロヘロになったと言っていた。特に大同心までの登りが遅くなった。疲労感と満足感一杯でテントに戻った。

大同心へのルンゼ
PC151726-1.jpg PC151734-1.jpg


12/16(金) 雪
昨日の疲れと今日の天候のため直ぐに下山する。

Category: アルパインクライミング  

八ヶ岳準備山行1

12/10-11(土・日)
8名で八ヶ岳に準備山行に行った。テントのアクシデントで赤岳鉱泉泊、これもご愛嬌。

12/10 美濃戸-赤岳鉱泉-硫黄岳-赤岳鉱泉
12/11 赤岳鉱泉-阿弥陀北陵-美濃戸

12/10(土) 晴れのち曇り
重荷を背負って行者小屋へ。テントがNGで赤岳鉱泉へ。今日は赤岳へ登る予定であったが時間が足りないので硫黄岳に変更。頂上はガスが掛かり何も見えず。小屋には長岡さんらがいて話が盛り上がった。

PC101684-1.jpg

12/11(日) 快晴
まずは行者小屋へ行きザックをデポ。軽身になり阿弥陀北陵へ向かう。トレースが付いていて取付きへ。

PC111688-1.jpg PC111696-1.jpg

2人組みが時間をかけていたので、1P目は左の小ルンゼを登りフィックスを張る。一部氷結しているところもあり前回より難しい。2P目もロープを張り皆を待ったが寒い。全員が登ってきて一安心。
PC111701-1.jpg PC111703-1.jpg
PC111709-1.jpgPC111711-1.jpg

頂上で写真を撮り、行者小屋へ下山し美濃戸へ。
AgdsUEcCQAA5HHE.jpg
PC111715-1.jpg PC111727-1.jpg

1
2
3
4
5
6
7
8
9
11
12
13
15
16
17
18
19
21
22
23
24
25
27
28
29
30
31
> < 12

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。