登山記録 by 児玉

登山、沢登り、山スキー、クライミング、アイスクライミングなどの国内・海外の自分の記録

Sort by 04 2011

Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 登山  

杓子岳 杓子尾根

日本に戻り初めての山登りです。4/28~29日杓子岳に登ってきました。雪はまだ一杯あったのですがガスが掛かり視界があまり良くない状況でした。帰路に使用予定の白馬大雪渓で雪崩があり2人の死亡が確認され数人も巻き込まれ怪我をされたようです。我々はガスで帰路が分からず杓子尾根を戻ってきました。発生時間も帰りの時間とほぼ一致、危なかった~!

4/28 太田-猿倉-白馬尻
4/29 白馬尻-杓子尾根ー杓子岳-杓子尾根-猿倉-太田

4/28 晴れ
原君と太田から長野経由で白馬の猿倉へ。今日開通したばかりだが連休の一日前のせいか駐車場に車は一台もいない。小雨が降っていたので暫く様子を見る。大分小降りになってきたので準備をして15:30出発。1~2人の踏み跡はあるが去年より全然少ない。白馬尻の台地でテントを張る。白馬尻には誰もいない。着いたときには風が強かったが、夜は風がなく快適だった。ガスが掛かり頂上付近は何も見えない。

4/29 曇り/吹雪(頂上付近)
7:00出発。白馬の方はかなり上の方まで見えている。下は視界良好。トレースがない尾根を進む。下の方は雪の状態によっては雪崩が気になるところだ。スキーには良い斜面。なるべく木があるそばを通る。大雪渓の方では人の話声が聞こえる。雪が締まっているので膝の下くらいだが、踏み跡がないので少々疲れる。結構雪を踏み抜いて足をとられる。下を見ると大きく深い溝がある。登るに従いガスが深くなっていく。
P1030502-1.jpg
P1030503-1.jpg

天候は下の方は時折薄日が差していたが、徐々にガスが多くなってきた。上の尾根にでるとナイフリッジ状の尾根が少し続き、斜度が少し急になっていく。頂上の方は何も見えないし稜線もよく見えないことがあるので、時々
待って目の前の稜線を確認してから進む。上部は岩稜は殆どなく少しあるだけだ。
P4290072.jpg
P4290071.jpg

頂上にでると風が強く目を開けているのも辛いくらいだ。ガスで視界もあまりない、殆どホワイトアウト状態。14:00頂上に到着。直ぐに白馬岳の方に向かうが斜面が広く、良く分からない。また、元の杓子頂上に戻ってしまった。仕方がないので来た杓子尾根を戻ることにする。初めがガスがかかり急なリッジなので注意深く降りる。少し降りると風が弱まりホッとする。踏み跡は所々に見え安心する。
P4290073.jpg

下の方に降りてくるとヘリが飛んでいる。行ったり来たりしているので何かあったようだ。ひたすら雪の斜面を降りる。久々なのでへろへろになってテントに戻る。テントをたたんで猿倉に戻った。
P1030504-1.jpg

スポンサーサイト
Category: 未分類  

佐渡の春祭り、鬼太鼓2011

P1030467-1.jpg
P1030470-1.jpg
P1030473-1.jpg
P1030474-1.jpg
P1030475-1.jpg
P1030479-1.jpg
P1030488-1.jpg
P1030490-1.jpg

Category: ニュージーランド  

オークランド

P1030358-1.jpgP1030457-1.jpgP1030297-1.jpgP1030304-1.jpgP1030305-1.jpgP1030306-1.jpgP1030309-1.jpgP1030320-1.jpgP1030331-1.jpgP1030334-1.jpgP1030384-1.jpgP1030394-1.jpgP1030396-1.jpgP1030402-1.jpgP1030408-1.jpgP1030416-1.jpg


Category: ニュージーランド  

オテパトトゥ クライミング

クライストチャーチに近いバンクス半島にいくつかクライミングエリアがあるがその中で震源地から一番遠いアカロアの近くのオテパトトゥという小さなクライミングウォールに行った。遠いと言ってもクライストチャーチから直線で40km、震源地から30km弱のところだ。
メンバーはBenとその友達の軍に勤めているBenと水曜曜日のイブニングクライミングを担当しているJonnyと自分の4名だ。みんな初めてのところらしい。普段は近くのクライミングエリアしか行かないのでここはマイナーな壁ということだ。ルートは11しかないく、殆どがトラッドだ。
今日はとても寒い。南極からの寒気がそのままきている感じだ。風も強い。ビレイをしていても手がかじかんで感覚がなくなってしまう寒さである。
景色のよい道路を通って半島の小高い丘にそのクライミングウォールはある。アカロアの市街地がちょうど見えるところで景色は非常に良い。でも寒くて体が動かない。
P1030229-1.jpgP1030242-1.jpg

既に4人パーティが登っているので、グレード16のところを試みたがかなり難しい。諦めてグレード12のところが空くのを待つ。グレード12と言っても、何故か非常に難しい。体が冷えているせいもあるのだろうが、グレード16くらいには感じた。多少クラックを使い左方向にトラバースしたり戻ったりで最後は小ハングを乗超す。そんなにいいホールドはない。軍隊のBenがリードして登るがかなり手こずっている。自分はセカンドだから気分は楽だがかなり緊張するところもあった。これでかなり気分が落ち込んでしまった。
次はグレード14のところだが、最初が難しい。プロテクションを取るところがあまりなく、効くか効かないか分からないようなプロテクションで垂直のクラックを利用して上がりその上は余り良いホールドがない。中間も気が抜けない。チムニー的に一部なり最後は垂直のチムニー的な登りで終わる。この2本で今日は十分という感じだ。
もう一本、グレード16のところはちょっと細かそうなホールドなので、トップロープでやってみた。リードはちょっと嫌な感じだが、トップロープならそれなりのグレードかなという感じだ。一段上がってからの右へのトラバースがホールドが細かく嫌らしい。
寒いのでこれで今日はおしまいだ。短いルートを3本しか登っていないのに結構な充実感だ。
P1030234-1.jpgP1030239-1.jpg
P1030241-1.jpg
P1030248-1.jpg


1
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
29
30
> < 04

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。