登山記録 by 児玉

登山、沢登り、山スキー、クライミング、アイスクライミングなどの国内・海外の自分の記録

Sort by 08 2009

Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 登山  

鹿島槍~五竜岳~唐松岳

鹿島槍~五竜岳~唐松岳
8/26~8/28
メンバー:児玉、外1名

8/26 大谷原-冷池小屋
8/27 冷池小屋-鹿島槍-五竜岳-唐松岳
8/28 唐松小屋-八方山

前の会社の人と鹿島槍、五竜岳、唐松岳に行くこととなった。最終日の夜に用事があるというので不帰までは行けなかったが、充実した山行となった。

8/26 曇り 大谷原-冷池小屋
太田を4:00に出発し大谷原を7:00着。赤岩尾根から鹿島槍の手前の冷池を目指した。久しぶりの赤岩尾根であるが、かなり整備された印象だった。鉄製の階段が増えまだ新しい。急登とは思っていたがこんなに梯子と階段があると1日目にしてかなり疲れてしまった。お昼に冷池に着きテントを設営するがまだ早いので、爺ケ岳北峰まで散歩に行ってきたが、曇っていてあまり回りが見えない。

7:00大谷原-10:15高千穂平-12:30冷池小屋

爺ケ岳 冷池小屋テント場
剱岳への夕日 剱岳への夕日2




8/27 曇り 冷池小屋-鹿島槍-五竜岳-唐松岳
テント場を5:00に出発。鹿島槍の南峰、北峰からキレットへ向かう。ここから唐松まで初めてのコースとなる。キレットはすっかり整備されていて、そのためか時間的にも短く何か物足りなさを感じた。八峰キレット小屋に7:30着。
ここから北尾根の頭までだらだらと登り下り、そこからガレたヤセ尾根となる。曇っていて五竜が全く見えないが時折顔を出す。キレットよりこちらの方がまだ大変だ。何とか10:50五竜岳に到着するが、ほとんど何も見えず残念。ここまですれ違った人は平日ながら十数人いた。五竜から鹿島槍に向かう人はいるが、鹿島槍から五竜岳に向かう人は少ないようだ。五竜山荘まで下り、時間が早いので唐松まで目指した。ここから疲労が出てきて休憩が多くなってきた。最後の急な岩場を登りようやく唐松小屋に14:15到着した。テントを張り一応唐松岳へ登るもガスで何も見えない。テント場に戻り今夜もビールで一杯。この辺のテント場は、テント泊しても水が有料。水もビールも担ぎ上げたのでお金は掛からなかったが、全部買ったら大変なことになった。

5:00冷池小屋-6:15鹿島槍南峰-7:30キレット小屋-9:00北尾根の頭-10:50五竜岳-11:50五竜山荘-14:15唐松小屋

キレット キレット小屋
五竜方面 五竜方面2
五竜小屋 大黒岳
唐松小屋 唐松山頂


8/28 晴れ時々曇り 唐松小屋-八方山
テント場を5:00に出発し7:15にリフト乗り場に到着。通常8:00の営業だが、今日は予約が入っていて7:30過ぎに運転開始した。運転していなかったら、歩いて行ったであろう。駅までは歩き、電車でヤナバ駅に。それから歩いて大谷原へ戻った。

5:00唐松小屋-7:15リフト乗り場

唐松と不帰 鹿島槍と五竜

スポンサーサイト
Category: 登山  

地蔵峠~車坂峠 -群馬県境縦走-

県境縦走 地蔵峠~車坂峠
2009年8月21日
メンバー:児玉

7:15地蔵峠~8:30東篭の塔山~10:15車坂峠

 地蔵峠を7:15に出発するが、半袖では非常に寒く、風も山に登るに従い強くなった。天気は曇りで、山頂はガスの中で何も見えなかった。初め、笹薮のなだらかな小路を上り、池の平の駐車場へ行き、そこから東篭の塔山への登りとなる。山頂はガスが掛り風が強い。そこから一度下り片側がガレたところを通り、車坂峠側のホテルに着く。そのから高峰山へ登り返し車坂峠へ降りた。どちらかというとハイキングだが、標高が高いので天候の変化が大きいと感じた。
東篭の塔山

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
22
23
24
25
26
27
29
30
31
> < 08

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。