登山記録 by 児玉

登山、沢登り、山スキー、クライミング、アイスクライミングなどの国内・海外の自分の記録

Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: カナダ  

Amadeus WI4 M5

Amadeus WI4 M5 55m
メンバー:ボブ、児玉

ドライのスラブ、超怖かった。
PC030327-1.jpg

スポンサーサイト
Category: カナダ  

マーブルキャニオン アイス

2014.11.18 Marble Canyon Ice Climbing, Tokkun Pole WI5+
メンバー:山田、児玉

クートニー国立公園にあるマーブルキャニオン。アプローチはは10分ほどで行ける気軽なところ。景勝地のため遊歩道があり切り込んだ川の上からのアプローチとなる。懸垂またはロワーダウンで降りてから登ることになる。
まだアイスは殆どできておらず、登れそうなのはトクンポール一か所のみ。しかしそれとて、下部は雨のような滴でビショビショになってしまう。
PB190004-1.jpgPB190009-1.jpg

Category: カナダ  

レイ氷河 スキー

2014.11.16 Rae Glacier Backcountry Skiing
メンバー:ACC、児玉

まだちょっと早いかなとは思いつつACCのスキートリップに申し込んだ。やはり雪は少なくかなり上部に行ってようやく少し雪が出てきたが、モナカ状であまり楽しいスキーとはならなかった。しかし、良いトレーニングとなった。

PB170002-1.jpgPB170012-1.jpg

Category: カナダ  

キッドフォール

2014.11.13 Kidd Falls, 2P Ⅳ WI4
メンバー:谷、山田、児玉

カナナスキスのマウントキッドに掛かるキッドフォールに行ってきました。今年は氷の張るのが遅れているのですが、遠目で見るとまずまずの氷ができているようなので行ってみると、結構脆くシャンデリア状でした。朝はマイナス20℃しかでしたが天気が良いためか下の方はシャワーのような水しぶきでメガネは殆ど見えない状態。プロテクションも無いよりまし程度。若者がリードしてくれたので登りましたが、自分がリードじゃ止めていたと思います。

PB140377-1.jpgPB140366-1.jpgPB140369-1.jpgPB140371-1.jpg


Category: アメリカ  

インディアンクリーク

Indian Creek 2014.10.13-11/3
メンバー:山田、ジュリ、星野夫妻、児玉、 +10/27から 西野入、Daniel、Devan

カナダからアメリカのインディアンクリークにクライミングトリップに行ってきた。インディアンクリークはクラックルートが一杯ありクラックが好きな人には天国だ。朝晩は寒いが、昼間は日差しがあると暑い。雨は夜に1回パラついただけで良い天気が続いた。
砂岩のクラックで同じ間隔なので同サイズのカムが一杯必要だ。それだけにジャミングの練習に最適だと思う。エリアは広いが人気ルートには順番待ちもある。ユタ州のモアブの近くでまた行きたいクライミングエリアである。
成果は10台4本、みんなハンドサイズ。シンハンド、フィンガー、OWはまだまだである。

The Cave Route 5.10+ と Incredible Hand Crack 5.10
PA200135-1.jpgPA230186-1.jpg


10/13 キャンモア → カナダ/アメリカ国境 → ディロン
10/14 ディロン → ソルトレークシティ → モアブ → インディアンクリーク
10/15~10/31 インディアンクリーク クライミング
11/1~3 モアブ → キャンモア


Category: カナダ  

スカハ Sukaha

2014.9.28-10.7 Skaha
メンバー: 山田、森、佐竹、児玉

キャンモアは寒いのでカナダでも暖かいというBC州のスカハに行ってきました。キャンモアから700kmのところにあるペンティクトンという街のそばにあります。キャンプ場は湖のすぐ横のバンバリーグリーンで最高のロケーションです。街に近いので買い物も便利なところです。

天気も良く、1日だけ雨が降っただけでその日を入れて2日間レスト、6日クライミングという自分にはかなりハードなスケジュールになったが、何とか怪我もせず過ごすことができた。

クライミングはいろいろなエリアを回ることができ、長くいても飽きないところだ。フェース系あり、カブリ系あり、スローパーありで変化に富んでいる。また行きたいクライミングエリアである。

成果は、
Flight of the Fledgeling, 11a, FL
Bottom Line, 11a, OS
P9300010-1.jpgPA030053-1.jpgPA020050-1.jpgP9290002-1.jpgPA020024-1.jpg

Category: ロッククライミング  

セルフレスキュー・トレーニング

2014.8.23 セルフレスキュー・トレーニング
メンバー:谷、児玉

カナダのクライミングガイドの試験を受験する谷君と、その試験の内容に沿ったセルフレスキューについて教えてもらった。

主な内容
1.セカンドが宙吊り・意識不明のときのセカンドの引上げ・引き降ろし、引上げ⇔引き降ろしへの変更
2.セカンドと自分が降りる介助懸垂、カウンターラッペル
3.宙吊りでの登り返し・登り返しからの懸垂への変更

注意!: 記事中に間違いがあっても責任は負えません。

P8240003-1.jpg
Category: カナダ  

HaLing Peak NE face 5.6 12p

2014.8.7 HaLing Peak NE face 5.6 12p
メンバー:慎太郎、児玉

まだ少し時差ボケなのだが、前に一度登ったルートを登る。
慎太郎君とは飛行場でばったり会っていて、この日は休日だった。

10585737_10202500332373117_1116142840_n.jpg

Category: アルパインクライミング  

太刀岡山左岩稜 5.9 9P

2014.6.15 太刀岡山左岩稜
メンバー:Shkla、児玉

梅雨の中休みの晴天日。快適だがちょっと暑い日のクライミングとなった。
P6140005-1.jpg

Category: ロッククライミング  

小川山、烏帽子岩左稜線 5.8 18P 450m

2014.6.1 小川山、烏帽子岩左稜線 5.8 18P 450m
メンバー:Shukla、児玉

暑かったが梅雨目前の天気が良い日にロングルートを登ることができた。ハーケン類は比較的少なく、#3までのカムが1セット必要だ。トポには18ピッチとなっているが、そのうち2ピッチは懸垂下降だ。下りは歩いて降りられる。途中2ヶ所エスケープルートがある。

8:50取付き-14:30終了点(途中30分程度の待ち有)

DSCF3083-1.jpg

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
> < 09

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。